ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

カテゴリ:ダイアローグ( 58 )

ダンサーであり、うたうたい

昨日は息子と早く寝てしまい
深夜に目が覚めてしまいました。
横田基地のプロペラ機だとおもうのですが
エンジンの音が2時ごろになっているなんて不思議です。
普段もそうなのかな?

* * *

昨日の福生はとても
静かでした。静かというのもそうなんですが
穏やかでしたね。

数日前から、やはり、
太陽活動も活発で7日には
オーロラ爆発も観測もされたそうですね。
その活発とはウラハラと言いましょうか、
気は穏やかになります。
まえから観じることなんですが、とても軽いです。

* * *
そんな穏やかな昨日、
「常に存在は高次にある」というのが
ふっとわかりました。

「あるがまま」は思考、感情でとらえると
「わがまま」!?になりさえもするんですけど、
自然に融合していることに気づけば
まさに「あるがまま」。

自然は絶えず創造していますから、
ひとが「このままでいい」と想うときというのは
何を基準にして「このままでいい」のかを
見つめるのが大事になってきますね。

ところで「高次をあらわす」存在が
すでにその中にいると
「解ろう」「解る」というのは野暮な気もします。
結構、野暮なことをしてきました(笑)
それもせいいっぱいだから
幸せの中にあったのだと感じます!

「高次をあらわそう」とするのはその野暮の極みで
無意識に潜む「原因の不在」をつくって、
むしろその反動の力をあたえてしまうことになりかねない。

* * *

さて、
命をせいいっぱい生きている存在というのは
自らが精一杯ダンサーであり、
精一杯うたうたいのように想えます。

今、ここで高次をあらわしている。
ふと、そんな風に観じています。

自分と切り離さず、存在を観じること。

ある程度周波数が定まっている地球の韻律で
最高のうたを響かせている。
自らを味わい体験する事。

それは和歌や俳句の世界だなぁと。
昨日はそんなことをふっと
ふりそそぐ光が虹色な太陽さんから
教えていただきました。


ふんまほっほ
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-04-09 03:02 | ダイアローグ

どんな状況も行動の力に変換している

どんな状況も
行動の力に変換している。

どんな状況も
本質の気づきを与えて、
調和へとよりもどしている

* * *

この2日間、やはり花粉がすごいです。
ただこの「花粉」としているもの
なんだか粗いというか荒い感じがするのです。
黄砂やPM2.5だけでは無い感じ。

おそらくぼくらの住む地域は
花粉メインだと思うのだけど、
何かおかしいんだよね。

以前、シックハウスに住んで来たときと
同じ症状を目に感じるので、
昨日、「花粉」ということであれば
たぶんマスクはしないと言いましたが、
あまりひいどい場合はマスクしたほうがいいかもしれないね。

知人などが言い出しているのだけど
PM2.5、黄砂、花粉で
もみ消されている情報があるようなのです。
ぼく自身もなんとなく直感で感じているので、
用心してくださいね。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-03-09 23:28 | ダイアローグ

明日は満月ですね。

慣れる
っていう記事を先週かきましたが、
現象の結果よりも
原因を創造している自分に気づくことが大事だなぁと最近想います。
「慣れる」というのは自分で創った原因に慣れることなのですが、
心、魂、からだが調和にいたると「慣れる」こともなくなるわけです。

明朝は満月です。
だいぶ前より26日の満月が特別な気がしてなりません。
満月より春分にいたるまでに
大きな変化がある予感がするといいましたが、
これは僕ら自身の変化なんですよね。
原因が創造する変化なんです。

3月にかけてさらに人類は気づくことがありそうです。
ただ、本当に創造しているのは僕ら自身なんです。

気づいて発振することが
とても大事になるひと月になりそうです。
震災から2年目の春を迎えますが
ぼくらはあのとき何を遺産として
さまざまな魂から頂いたのか、
そして今から何を活かして行くのかを
考えるのうってつけの1ヶ月になりそうです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-02-25 22:17 | ダイアローグ

慣れる

2月後半から3月後半にかけて
大きなエネルギーが動く予感。

色々な人が感じているエナジーを
調和にいたる道として受け取っています。

今日は今までにない流れに
「慣れる事が大事」というメッセージがあった。
古い体質に慣れるのはお得意ですが、
変化した流れは慣れるまで
自分のボディになりにくいですよね。
そんな感じで慣れるということ。
変化に慣れてから繰り出す
よりすばらしき創造がありそうです。
調和のとれた変化の周波数に
反復してなれて次なる変化を楽しむ感じです。

「変化に慣れる」といいますが
調和である状態では慣れる必要がありません。
そうなっているので。
自然なる私を顕していれば
すでに練れて慣れた状態になっているわけです。

26日の満月から春分まで
この期間をさらに
めいいっぱい楽しんでしまいましょうね。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-02-21 22:17 | ダイアローグ

解毒と解除

インフルエンザや感染症がなぜこんなに
「猛威をふるうようになった」と思われるのには、
人工的なものにより脆弱になったからかもしれません。
自然の流れを滞らせた結果ですね。

その原因のひとつは、
私たちの生活がクスリ、日常品(歯磨き粉や洗濯洗剤、化粧品)などで
石油系化学物質を摂取していたり、
合成添加物ばりばりな安易なジャンクーフードやお菓子などを食していたり、
衣類も化繊だったり、食器、調理具もプラやシリコンであったり
住まい全体が化学物質だらけになった結果ではないでしょうか?

個人的に、ご近所さんの柔軟剤の臭い、
消臭、防臭スプレーの臭いはかなり身体に
こたえる時があります。

車酔いの原因はオイルの臭いを消すための
車用の香水だという方もいます。

小さい時、車やバスの臭いに敏感で
乗るのがとても嫌だったのが
今ではその原因がなんだったのかよくわかります。
こどもは身体が小さいので化学物質を吸収する割合も
大人に比べ、かなりなものです。

この脆弱さは
どんどん自然なものに鈍感になり、
一方で
無意識に化学的なものに敏感になっていった結果であるように思えます。
(しかし、脆弱になったおかげで自然なものに敏感になり
化学物質を避けるように気づいた方もまた増えています)

都市の作り方も土をアスファルトで覆い
土地が呼吸しにくく乾燥しやすくなっています。
自然循環をさえぎり、サポートを受けにくくなっています。

自分たちが身を守るのは
風邪やインフルエンザからではなく
自分たちが作り出しエゴや、
採掘型エネルギー中心の化学物資であったり
自分たちのそれに慣れた生活習慣から身を守るのです。



* * *


なので、
一方でこうした風邪のようなものが果たす役割もあると想います。
それはデトキシカルな側面と、
身体の滞りを解除し、再編成するという役割。

風邪を引いた後に、やけにさっぱりした経験をお持ちの方も
多いと想います。

それだけ、現代人は解毒と再編成を
繰り返さざるをえない環境にいるのかもしれません。




* * *




昨日、ここ数日ふりそそぐエナジーについて少し触れましたが、
特に、解除、再編成のエナジーのようにも観じます。

とても心地よいエナジーがふりそそいでいると
感じる方もいるかもしれませんね。
なんといっても、今日はとても暖かいです。
春のムードに満ちています。

ただ、すこしだけ、
車の運転などに当分気をつけてくださいね。
また、風邪をひいたら無理をせず
むしろ喜んで、
ゆっくり休んでください。

横になれないぐらいの風邪をひいたときは
100%天然のユーカリやラベンダーの精油をキャリアオイルと混ぜて
背中と胸に塗布するといいかもしれません。
(*詳しい処方は専門家に伺ってくださいね。)
その際、関節は温めてださいね。
少しは楽になるかもしれません。
2日もあればよくなると想います。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-30 13:30 | ダイアローグ

満月あけから

満月あけより非常に眠いです。
心地よい眠気。
心地よいエナジーのシャワーを
浴びているような感じです。

太陽も平穏ですが
ひと段落のようで、
今、踊り場なのかもしれません。
数週間前の以前も、
こんなことがあって、
そのあとより精妙になっていることがありました。
(12月後半かな?)

人によっては
かなり軽くなっていると想います。

前もちらっと書いたのですが、
闇に対処したり、見つめる時代が
終わりつつあると感じます。
対処でさえ闇を存続させる力になっている感じです。
ニューエイジもすでに過ぎた時代です(笑)

人類のそれぞれが地中の種のようなもので
光の発芽で闇をてらしている
時代になっているのだと想います。

照らしあいの時代です。

どこか心地よいところへ逃避することでもなく
位をあげることでもない。
地球で共に愛を深めあい
この時代を体感していること。


最近なぜこのからだで
ここにいるのかをよく問いかけます。


より創造的な発展があります。
直感を充実させて、
それが自然に
機能している今を観じましょうね。
直感から引き出される智慧は
宇宙の図書館から引用されているものです。
誰一人として備わっていないものはないのですから。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-29 18:36 | ダイアローグ

銀河

もしきみが銀河を産みだしたとしたら
その銀河にはどんなふうに
あってほしいと想うかな。

ぼくなら
ぼくのこどもを想うように
美しくあれと
産みだすだろう

たぶん、ぼくらはそうやって
それぞれ、本質のぼくらの
想いを含んで、
ひとつの銀河として
産まれていまここにいる

そんなことみんな
わかってはいると想うんだけど!
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-17 17:22 | ダイアローグ

思わぬ、ひろがり、これが自然

自然体って
なろうとう想っても難しいなんて
想ったりしますよね。

でも、自然体って結構そのままの存在を
生きていることのように想います。
ただ、「そうでない」と思い込むブレーキをかけてきたことで
忘れてしまっている事がある気がするんです。

これは呼吸と関わりがあるような気もします。
自然な呼吸をしていますか?

* * *

出来事や現象はほんとうに完全に
必然的に産み出されているなと想います。

たとえば、今日もそんなことがあったのですが、
仕事が終わり、オフィスを去ったのだけど
電気を消したのか気になって戻ってみると
大事な用件が残っていたことを想いだし
すぐ電話すると、間もなく解決。
このパターンは多いです。

「多い」というよりも実は常にこのような
ひらめきと直感と「偶然に思える秩序」によって
ぼくらは生きて活かされているのかもしれませんね。

どんな出来事でも、起こった時は
マイナスに想える事でも
実は、時を超えたところでは
調和にいたるための
トランジットだったりする。
最近、そんな気がするんです。

ぼくら常に自然体で生きていると想うのです。
ただ、だからといって、「思考」でいう、なんでもありというわけではなく
ハートの意志が大きく左右しているような気がします。
マインド、思考ではなく。

頭では計りしれない他の領域で生きていると
完全をかいま見ます。
頭では「偶然」と決めつけることも、
全体でひとつの宇宙生命体からしたら完全です。

自然体とはその宇宙の秩序を
体現している「私の自然」でもあります。
より素晴らしい創造はここから産み出されるもので
「進化」は思わぬハプニングや出来事、
出合いから産み出されています。

なので、「思わぬ」自然である
私に常に目覚めていることが
ある意味、この世を
面白くしている鍵なのかもしれません。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-05 20:28 | ダイアローグ

この命を喜びましょうね

さて、今日TVのニュースで
こぞって、12月21日の滅亡論の否定を放送していましたね(笑)
そんな、放送するまでもないニュースだとおもいますが。
なんだかその対応は中学生の放課後の会話みたいで
なんだかな、と朝からお茶をすするまでもなく
ぼーっとしていました。
でもね、なんで「この日」をクローズアップするのかと
考えるにはいいきっかけなのかもしれないですね。

前にも書きましたが、
必ず重要な日にはネガティヴキャンペーンが
なぜかはられるんですよね。

この日は天体的なイヴェントが起きる日なんですよ。
この日は事実、冬至ですが、冬至はこの日を境に
光がだんだん増えてゆきますよね。
その前で行われるサンタ・ルチア祭(北欧では昔は冬至)もそうですが、
光の誕生を象徴するひでもあるんです。
しかも"今年"はこれが地球規模だけでなく、
宇宙規模でおきるようなもんなんです

だから、もう、お祝いですよ。
だから、この数日は、
自らの銀河を観じることがいいかとおもわれます。
自分の命に感謝したり喜んだりさらにしちゃいましょうね。


不安はハートをとじるスイッチです。
気づかないのはハートがすすだらけのじょうたい。
喜びにあふれることはハートをひらくじょいうたいです。

喜びはじんわり宇宙だいにひろがり
あたたかい。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-19 10:16 | ダイアローグ

ただあるというところから芽が出ている

太陽の黒点が急に増えだしましたね。
星にも感情に似たものがあるように観じます。
それは意識なんですが。
ぼくらにも意識を超えた意識で
動いている部分があると想います。

* * *

昨日、マヤ暦の事に少し触れたら、
webニュースで新しくマヤ暦が見つかったというような
内容が書かれていいました(笑)
暦は今年で終わっていないとのことが
書かれていたのですが、
再度、探してみたけど記事がみつかりませんでした。
でも、まあ暦が今年が終わろうとそうでなかろうと
昨日も書いたと通り、重要なのは
天体とひとの関わりなんですよね。

天体に関して大事な局面を迎えるときに
今までネガティヴキャーンペンが張られたんです。
2000年の時もそうだしね。
このキャンペーンが張られたのには
やはりこの期間はスペシャルなんですよね。

この1900年代後半から
21世紀に関しては
人類にとってとても大事な期間であることは
間違いないですね。

ひとりひとりの選択で
自然と調和している最中に
ぼくらはいます。

不安で心が曇らないように
晴れた眼で、自分のハートで
観じてみましょう。
ここで、ぼくらがどうするかでなく
いかにあるかを観じてみましょう。

ただあるというところから芽がでていることでしょう。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-11-13 21:43 | ダイアローグ