ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

2012年 01月 13日 ( 1 )

この星でも、わたしは美しい宇宙、あなたは美しい宇宙

昨日は、仕事のミーティングで
仕事をするのに、「自分のため」か、「人のため」か
というテーマで話し合ったせいか、
昨日の日記は違った次元で発振した内容が
その受振のような感じで
さらっさらっと誰かが応えてくれた声だった。

職場では、「結果として、自分のための仕事が
人のためにもなっている。」という話になった。
逆もしかり。
けれど、その場での感覚は、
原因と結果ひとつであるように受け取り、
切り離せないんだなと観じた。
それを先輩方の話を伺っても、改めて感じた。

仕事のみならず、
この宇宙の命の営みは
まさに個も全体であり
個という存在はその全体性を担っている気がする。

「あなたがいてくれてありがとう。」と想える瞬間、
それは「他者」や「自分」「あなた」や「わたし」がいる
世界がうつるスクリーンを
つくって、宇宙が宇宙の美しさを表現しているんですよね。
宇宙が宇宙の手を見て
「これが私の手か!」と思わず気づいてしまうような感じ(笑)



* * *


自分と他者の関係を言葉で切り離すことができても
このつながりは切り離す事ができない。

ひとつとしてのつながりは
部分が部分を判断しても
それは全体をあらわすことには
永久にならないのです。

ひとつとしてのつながりが
部分も全体であり
ひとつとしての美しさは
部分にみえる表現があっての美しさです。
ひとつである美しさは
どこを切っても
繋がっていて美しく
見え方が違うだけで、
その違いさえ
嬉しくて楽しいのです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-01-13 08:56 |