ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

見つめ直す

ゴミをポイ捨てするひとの気持ちって
どうなんだろうって
考えた事がありますか?

実際、なにも考えていないという応えが得られそうなきもするが、
「だれかがひろってくれる」という感覚があるのだろう。
つまり無意識の「依存」。

ぼくはこうしたことは責める気は全くない。
あらゆる側面でおそらくぼくもかかわっていることだから。
だけど、拾う事はできるし
止める事は誰にでもできるし、
本来はそうするようになっている。

これは比喩的な言い方になるのだけど
ぼくも自分で片付けられない
ゴミをポイ捨てしてきたことがある。
実際、今もしているかもしれない。
そう、ぼくらもすべての事象に関わっているんだね。

自分でできる状態であることは
自分ですること。
そして、誰かに期待したり、託したりしても
そのゴミ捨てを止めない限りは
終わらないこと。

これは当たり前の事だけど、
ゴミ捨てを比喩にすると
色々なものが反省材料に見え、
そして、何か新しいもの、捨てなくて良いもの
循環するものが生まれている気がする。


* * *

ひらきとむすび
むすびとひらきを
意識して生きていることは
離れたものを呼び戻す鍵です。

自然においてあきらめることは
ゆるすことであり、自然に身をゆだねること。

エゴにおいてあきらめる事は自然に抵抗を与える事。
見ない振りをすること。

ただ、見つめさえすれば、出口は見えてくる。
そして、ここが入口となっている。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-07-17 22:29 |
<< 夏の変革です 蓮始開 >>