ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

逍遥

言葉やかたちは
本質を説明するには
あてにならないものだけど、
たのしんだり、あじわったりするのには
とても素晴らしい存在だね。

ぼくらはついつい
「あてにならないもの」を無視したりするものだけど
その見方で限界をつくっているのは
自分自身であるっていうだけの鏡なんだ。

実は、「あてにならない」と決めつけるところに
「あそび」がなく、味わいがない。
「あて」って、自分のとりあえずの妥協点っていうか
「そうあってあたりまえ、そうあってほしい」という感じなんだよね。

自由にあそぶ、
自由にあそぶ、
まさに、ぼくらは自由に遊んでいるんだな。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-06-29 23:23 | モノローグ
<< カンシャ 地球ノート >>