ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

地球ノート

6月になってから
どっさり担いでいた荷物を降ろしたかのように
さらに軽くなりました。
そして、空をみあげると
もうすこしで虹色のような空をよくみかけます。
一部ほんと虹のようなそらです。

ぼくらはどこにいても
かわらない光のペンシルのような存在だなと観じます。
どんな星から来ようとその時から
この本質は変わらないで
美しく輝いたまま。

ぼくらの多くはこの美しさを
潜在させてしまっていますが、
もったいぶることはないんですよね。

「どの時刻にいるか」で存在は乱反射するんだろうなと。
時間がないという今をつらぬく
ここ、つまりはハートから溢れ出している
創造は常にあるんですよね。

* * *

さて、朝、水につかりながらぼっとしていると、
メディテーションというのは「潜在している」という感覚を
顕在化するエクサイズなんだなと観じました。
本来、自然の在り方は、常にメディテーション状態なんです。
あえて、場と時間を創る必要もなくね。

だから、どこにつながろうと勝手です。

ただ、ぼくらのここは
(仮に)地球です。
地球のノート(調べ)をぼくらが創っているんです。

宇宙的な存在であると気づいたら
地球の調べをより美しい調べにしていくことが
ぼくらすべての存在が「今」しているんことなんですね。

まあ、いろんな言葉で
「救う」とか、「祈り」とかいろいろ
表現はありますが、
地球をどうこうしようというのではなく、
地球と一体なんだから
このまるまる命をめいっぱい輝かしていることが
おおくの人が「求めている」ことで
その求めていることは
すでにこの身に実っているんですね。

地球はまるまる調和な
玉を求めているんです。
元めているんです。
根源からあふれている
愛の表現。
そして、これは常に
顕われているんです。

* * *

さて。この数年、ほかの星の人とのコンタクトは増えると想いますが
今、あるメディアではないメディアを使う感じですね。
すべてのひとに宿っているので、
スイッチをオンにとりあえずしてみるといいかもしれません。
あとはアンテナですね。
ぼくも今、いろんなアンテナの方向性を試しています。
4次元のものとつながることもあれば、
それ以外もあります。
そこで問題は、頭で理解できないことを
「崇高」と想ったり、「否定、あるはずない」と判断すること。
これは今まで散々してきたことなんですよね。だから、
ここ地球ににいる「わたし」はどんな表現をしてしまうかが
結局大事なことなんだと想います。

コンタクト後も、ここ地球におりたった
光としての私がいかに
ケミストリーを起こしてしまうか、
それが大事な気がします。

外にもとめる先、つまり
咲きが地球なんですよね。
地球にいて外に求めているのは
なんだか変なんです。
多くの方々は記憶を失って
外を求めて地球に来たのですから(笑)
ここをもとめておりたったぼくらは
いかに咲きましょうか?

わくわくしちゃいますね!

ふふ
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-06-28 21:46 | ダイアローグ
<< 逍遥 ひとつであることから眠りについ... >>