ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

自分も自然のエネルギーとして流れている

昨日は自分の近況を少しだけ書こうかなって思ったら
二回とも全然違うことかいてしまいました(笑)
書くときに、衝動というか、瞬発力しかなく
ある程度空っぽだと、いろいろ気づきを頂ける。

さて、今日はコーヒーブレイクです(笑)
この数週間でぼくのからだの反応は
色々ありましたが、
そのうち、アレルギーがでいます。
そして、痰ですね。

アレルギーや痰はやはり小さいころから蓄積してきたものが
エネルギーの突き上げで
出ているような感じです。
今日あたりは緩和してきている感じです。
この反応も終わっていますから、
抜けきった時はかなりライトなひとを表現できてしまうでしょうね。

あとは、耳鳴り。この耳鳴りは意外に心地よいんですよね。
額と喉のチューニングのようで。

そして、ハートは暖かいものを
おひさまのように放出しています。

こんな反応を通しておもったのが
「素晴らしいものだけ」を認めるというのは
少し変で、
「全て素晴らしいもの」として
受け取っているということが大事だなと。

頭で「こりゃたいへんだ!!」と思うことも、
ハートがしっかり受け止めていたら
「こらやたいへんだ!!」が違う意味に変わるんだなって。
無理に「こりゃたいへん」を見ないで置くことは
大きな気づきをせずに、
問題先送りにすることになりかねない。
問題というより、実りを先送りという感じですね。
「こりゃたいへん!!」というのは古い見方、
古い意識とワンセットだからね。

たとえば、環境の変化というのは
あきらかに人のエゴでもたらされたのですが、
そこを通って、本当に大事なものがすべて
ひとつにつながっていることを体感し、
敏感になるのだから、あらゆるものたちに
感謝をこだまさせることができますよね。


* * *


ところで、
最近、思うのが、
また頑張るために「癒されている」方
結構いるように思えます。
それはそれでo.kです。

ただ、常に癒されていることを忘れているような気もします。
自分で思いこんでいる仕組みの循環で
余計な「りきみ」、エネルギーを使い込んでいる感じです。

自分の内と外にとうとうと流れる
自然のエナジーをどれだけ
気づけるかで、
すでに癒されてつづけていることを
体感できるかもしれません。
自分がエネルギーとも言えますよね。

そんでもって、時に、訳もなく感謝しちゃうことありません?

この自然の流れは「癒える」というレヴェルではなく
常に与えられているということに他ならないのですが!
ある見方からすると「ゆるされている」ということで、
さらに全体的に受け入れると、
愛されていることなんです。
もちろん、この動詞の主語は能動的に
ぼくら自身でもあるんです。

ほんとうに、いい感じです!



* * *

さて、今日は昨日よりもさらに穏やかです。
エネルギーが喉を通って頭に抜ける割合が
増している感じです。
ちょろちょろがしゃーという感じです(笑)
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-06-05 16:18 | モノローグ
<< 意志を織り込む フルムーンダイアローグ >>