ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

命をいただくこと

さて、最近、お腹がすいて

グ~っとお腹がなることがない。

つまりお腹がすくことが少ない。

けれど、3食頂いているので、

これは如何なものかと

考えています。

昼になると「お腹がすいている」という感覚ではなく

「食べないとお腹がすいてしまう」という意識で

食事をしていることがある。

この保険のような意識は

「今」から乖離して

何か大切なものを味わわないでいることに

ひとしい事もある。

もちろん、3食頂ける豊かさは

豊かさとして受け入れている。

ただ、何も考えないで3食きっちと食べていることは

一瞬だけ家畜のように思えてきた(笑)



もしかすると、その個人の状態では

1日一食でいいのかもしれない。

というよりは、時間による回数など決めず、

身体が求めた時に

良質な、エナジーに満ちた

食事をするのがいいかもしれない。



息子はフルーツをよく食べるが、

育ち盛りだと想い、息子に、

色々、食べるようにすすめるのは

時々、自然に逆らっているようにも

思える。



ただ、食べることで喜びを覚えるなら

それはそれで素晴らしいこと。


命を頂いて、喜びのエナジーに転換することは

「生きるために」(時に仕方なく)食べるより

崇高にも想える。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-05-28 11:34 | モノローグ
<< こころひとつ 手放すものは感謝とともに >>