ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

古い世界よ、ありがとう

4月の喉の風邪が妻にまで伝わり、
家族で変化を味わっていますが、
不思議に、普段あまり感じなかった
香りや匂いなどに敏感なっています。
外の景色も見え方が少し違う感じですね。

この1~2週間で感じるのは全体的な
おおきな成長を感じます。
全世界的にいえることかもしれません。

なので旧世界というのが、
明確に感じられるようになってきました。
すでに新世界、
新しい地球の芽生えがかたちになって顕われています。

アセンションの話がでると、
終末論から地球ごとテレポーテーションするとか、
そんな風に言う方に今まであったことがあります。
それはすべて、比癒的な表現方法だったように思います。
比癒的に表現することは、
言葉でそのものを説明できないので、
その表現によって導かれるイメージが
それぞれ違い、そのため、それ自体の波動が
旧世界のもののように硬いものが
多くみられるような気がします。

ぼくもよく、愛と自然に基づく調和と表現しますが、
大風呂敷に抽象的であまりしっくりこないかもしれませんね(笑)。

ただ、これから全体意識とひとつにつながっている、
からだとこころ魂がより精妙化するため、
旧世界の意識をもっていると
辛くなるのは間違いはないかもしれません。
ただ、素直に常に調和に至っている本質の
流れで「あれ」ば、
(決して「なる」ではなく)
辛くなるのを辞めることができます。
すべて、自分の意志ですよね。



* * *


あと最近、等価交流のイメージが湧いてきました
(「等価」という言葉適切かどうかはさておきですが)。
今、調和なる地球にすでに用意されて、一部動き出しているものです。

今までの金融、経済は
「ほんもの」を駆逐して、意志の弱くなったものばかり流通して、
そのボディを失った幽霊なようなエネルギーが
お金のエネルギーとして一部に集中して、そこを拠点に
ぐるぐるまわっていた気がします。
お金のエネルギーも適切な調和のとれた状態ではなかったわけです。
これは全世界的な「思考」への依存と、
思考がハートから切り離されていることが
原因と結果になってあらわれたもので
だれの責任かといえば、ぼくら、みんな全体意識の責任です。
ただ「責任」という言葉で責めを負うのというのは違います。
この責任というのは限りなく創造という言葉に近いものです。
なので、まさに今が創造の場なのです。

未来はすでに今あるものです。
リスクを予測すれば、リスクが存在します。
それが時にブレーキになることがあります。
ブレーキはいずれ壊れるものです。
馥郁たる豊かさのみが
常にあるのです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-05-03 14:58 |
<< 天に気は満ちている 愛と自然と調和に身を融合させる時代 >>