ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

常に追い風

昨日、今日と
富士山がとてつもなく輝いていましたた。
ただし、富士山だけが突出して輝いていました。
周波数をあげているがごとくね。

* * *

ここのところ、今まで引き延ばしにしていたことや
見ないでいたことが明るみになってきている気がします。
ぼくもそうで、この1週間は6年ぶりぐらいに
身体に疲れがきました(笑)
23時半ぐらいに新月を迎える今日までの数週間、
なんだか休まる事が無いぐらい
落ち着かなかったな〜。

今日は、仕事で
こころから想っていることを書いたら
急に身体が楽になりました。
生産的な仕事が最近できていないな〜と
思っていたところ、
生産的な仕事をするように社長に言われ、
今まで自分がやってきた
フォローのような仕事が無意味なように想えていたのですが、
そのフォローのような作業を表現した瞬間に
急に身体が楽になりました。
この作業が必ず、生産的な
作業になっているとも確信しています。

自分が心からしてしまおうということはすると
急に風向きが追い風になったように感じる。
ずーっと追い風なのに気づかないうちに
向こうに見える舟の動きを自分の動きと間違えてしまう。
向こうにある舟の風向きと、こちらの風向きは違う。
真なるこころからの命の流れは
常に追い風。それを改めて忘れないことを学んだ。
 
* * *

また、訂正しないと痛みを伴う動きは
素直に訂正してしまったほうがいい。
その訂正はしてしまったことの後悔でなく
必ず創造になっている。
つまり、反省、訂正はあらゆる素晴らしい創造の過程で
それ自体も創造だ。

* * *

富士山だけが突出して輝いてみえたのは
まだ眠りこけている「私たち」がいたからのように想える。
なんだか、ある仕掛けらた流れを本ものの流れだと思い込み
そのまま流れているような感じだ。

目覚めてから、寝ぼけている時間はあってもいいが、
ぼっとしつづけているのも考えものだ。

とにかく今、こころからしてしまう表現をさらにしちゃおう。




螺旋軌道
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-22 21:12 | モノローグ
<< ひらきあい 螺旋軌道 >>