ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

すでに花はさいている、そして、

おそらく、過去のことを、過去の視点で語るのは
今年までのような気がします。

すでに、自分の中の固い外皮が破れているので、
過去の視点で書くことに、味わいがうすくなってきています(笑)。

このブログを最初に書こうと想いついたひらめきの瞬間に
戻ってゆく感じがします。
ただ、戻ってゆくのではなく、
想いにボディをまとわせている段階にきているような感じです。
「ひらめきの瞬間」が「瞬間」でないということに気づいたからか。

* * *


「幸せ」という言葉に逃げ込む必要はない。
今、「幸せ」は味わうままになっている。

もちろん「幸せ」という言葉に逃げ込んでしまってもいい。
今、「幸せ」を観じている最中。

「幸せだ」と想いこまなくても、
幸せはきみの心の舌には到達している。
なので味わいはすでに広がっている。
あとは味わい、楽しむという動詞になるだけだ。

* * *


ぼくらの心の舌は刺激的なものばかり
味わい続けたため、麻痺して
麻痺した状態が、当然のことのように
想っている事が多い。
本質的な味わいは舌に届いていても
気づかないまま。
消化し、それを繰り返す。


* * *


すでに、
花は咲いていて
常に
この花は咲いていて、

この香りもすでに
なたの鼻孔をとおり
脳を刺激し
ハートは常にひらいています。

あなたはそれを見ているけれども
見ないか見るかは
味わうか味あわないかは
自由意思。




* * *

追記:

息子の熱もけろっとひいて、
食事もとれるように。
大丈夫とわかっていても、
この瞬間がくると、
ありがたさがこみあげてきます。

また意識の脱皮が個人的にありそうです(笑)
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-02-21 11:31 |
<< 大いなる存在があらわしている無... 我慢していたことに気づくこと。 >>