ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

創造、私は渡し、自らを導いている

9月に入ってから、
食生活を少し変えるひらめきがありました。
直感でフルーツをたべると調律される感じがしましたので
食事前にとるようにしました。
一週間で、これはいいと感じました。
それを裏付けようと調べてみると
ローフードのことや酵素ダイエット、
エドガー・ケイシーの健康法などが出てきました。
ただ、この裏付けはこのままでいいのサインではなくて
今、自分に必要な流れなんだと気付きました。

頭で自分のしていることを肯定しようとすると
ある意識帯の「常識」を探し、分析して、すりあわあせることになります、
が、そんなことはあまり意味がありません。
もっとのびのび、さらに活き活き生きている自分を感じて
限りない宇宙にこの私を渡しつづけているのが
自然の流れです。

今、ここに生きているのは愛という生命です。
ここを感じてみるというか、ひとつなんだと
直感で顕在化するというのが楽しいですね。
宇宙は
自らでつくったルールを壊し、
常に更新して創造しているんです。

人の裏付けは嬉しいものですが
そのルールがぴたりとフィットすることはありません。
(特に、ケイシーのリーディングには多少ずれを自ら感じました)。
それはとてもパーソナルな導きで、パーソナルでありながら
全体も揺れている感じで、
部分的にすでに更新されている意識帯のように想います。
(なんのこっちゃ?(笑)いずれフィットした言葉がでるでしょう。)

そんな折、
今日、偶然/必然、シスターコリータの10のルールという
話をFMでききました。
このコリータさんは学校で美術の教鞭とっていた
シスターでありアーティスト。
彼女は授業のための10のルールを創ったみたいなのですが、
10番目は、ジョン・ケージの言葉の引用で
“私たちは総てのルールを破る。自分で考えたルールでさえ。
どうやるのかって? 未知数Ⅹのために十分に余白を残しておくこと。”
ですって!


創造は「している」なかに埋没してしまうこと、
というか、
むき出しになった命というか、
結局、「このまま」という思考を
手放して、壊して、絶えず更新して
この美しい命を浮き彫りにしているように
想うのです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-09-20 18:36 | 天使
<< この雨に祈りをのせて animae-声と息も命、一体... >>