ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

animae-声と息も命、一体である創造的な証人

今日の東京は快晴です!
富士さんもとても美しくぼくの町からも見る事が出来ます。

布団を干そうか、どかにでかけようかと
朝から予定を改めて組み直したリする方も多いと想いますが
どんな選択をしても、こころからしてしまうことをしてしまえば
いずれもhappy。
今日も明らかに穏やかです。

* * *

この1週間振り返ってみて
自然に起きているシンクロ現象をまとめてみると
受動でも能動でもない一体である
目覚めがさまざまなところで起こっているきがします。
あえていうと自然、調和、宇宙的能動。

9月に入ってからの太陽のエナジーは
地球を変革するエナジーですが
ぼくらのハートも共に震え
同じ変革エナジーを放出しています。
つまり、受け身ではないんです。
もちろん、意識していないかもしれないので
能動でもない。
自然な流れ。
エゴイスティックな意識でこの流れをせき止めると
不安が湧きだし苦しさまで作ってしまうかもしれませんが、
大丈夫、ぼくらは自然であればあるほど、
作ってしまったそんな意識など
すべてプラスにみてしまうことができるんです。

このことにかかわって、
あとは声や息の大切さを感じます。


* * *

ため息をすると「幸が逃げる」とよくいわれますが
むしろ、自浄作用なので、ため息がでてしまうときは
「ありがとう」という想いも加えて、深~くついてしまいましょう。

ため息をついたあとには必ず新しい空気が
サポートに入ってくれますよね。
「幸が逃げる」という考え方は、むしろ、ため息をつくるぐらい
呼吸が浅く不規則、不自然になっているということなんですね。
要するに呼吸が浅くならざるを得ない
不自然なエネルギーのため方をしているわけです。
それを終わらせるには、
ため息をやめるのではなく、意識をかえるということですね。
逆も真なりで、「深い息を」することで
滞っていた放出されたいエネルギーが外に出されるわけです。
それを意識して繰り返すことで、意識がかわってしまう
チャンスが訪れるのです。

* * *

最近、息を吹きかける時の意識に気を遣っています。
自分の吹きかける息が、「喜びに満ちて、感謝にあふれる」想いならば
それだけで、実りを迎えている祈りになります。

ゆっくりと腹式呼吸で体内にある頂いた気を
すべて想いにかえて穏やかに吹きかけると
身体の美しさ、こころの美しさ、魂の美しさがあたりまえのように
すべてにわたりあらわれてきます。
「自分」がどうだこうだとか、
あまり意味のないことのようにも思えてきます。
ここには受動や能動というものがないんです。
頂いているものをふたたびあたえることで
そのまま循環の和にある事に気づくという感じでしょうか。
敢えていうならば
「すべて常なる宇宙の能動」という和のなかに
あることに気づくといったところなんですね。


* * *

言葉や想いもそうで
ためてしまうと噴き出してしまいます。
同じ吹き出すなら
この宇宙のアート、声として、歌として、
吹きかけることをお勧めしますよ。
その時抱えた想いがポジであとうがネガであろうが
心から、吹きかけ、感謝の想いで手放せば
すべてそれは祈りになり実りになります。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-09-18 13:28 | 天使
<< 創造、私は渡し、自らを導いている 気づくってことは「自分」からの... >>