ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

笑い話

全然笑えないかもしれないけど、
普通の会社がしたことだったら、
お金を払わないよなって、
そして、もう使ってくれないだろうと、
当事者の会社の立場を想い
ふと想った。

それは電気代。
そして電気。

これは
give and take の世界に生きていたらのはなし。
もうそんな世界にはいないだろ?
「これほど不安を与えといて!」って
思う人もいるかもしれない。
でも、きみもそんな世界にはいないんだ。

こんななかでも危険を顧みず働いている人もいる。
すでに「代価」なんて言葉も思い浮かばない。
原発があたえてくれた愛。

ぼくらには選択肢がないから?
選択肢がないなら本気で改善の注文はするよなと。

選択肢をつくらなかったのも
ぼくらの責任だ。
全部見ないふりをしてきた。
そうでないひともいるけど。

もう,自分で電気をつくるしかない!
って想っている人も,実際にいる。

でもね、今月も
愛をこめて電気代を支払う。

ぼくらは奴隷じゃない。
文句を言いつづければ、奴隷だね。
反対すればみとめてしまう。
もっと、もっと
ぼくらは愛ある行動をとっていくんだ。
新しい創造。
きみはいかに想い、いかにいきるんだい?

きみのもとへもまわってくる
命のバトンに
ぼくはどう動いてしまうんだろう!

ぼくらはすべて協力者だ。

本気で想いを共有している
今がとても花開いている。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-06-18 23:58 | モノローグ | Comments(0)
<< 自分、ひとりだけじゃなく、ひと... saravah! さよならはこ... >>