ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

氣づきの瞬間

仕事が自営業のようなところもあり
夏休みはほぼ息子と毎日過ごせて幸せだなぁと
つくづく感じる日々でした。
今日から学校がはじまりましたので、
この日々も中断です(笑)

さて、日常はスピリチュアルだなぁとつくづく思います。
取り立てて、精神世界を語らなくても
そうなんだと氣づくだけで
スピリチュアルです。

雲の動きや、鳥の声、
お日様の見え方、
自らを照らし出している訳です。

一昨日の瞑想で観じたのは、
水の意識です。龍の意識とも言えるかもしれませんが、
そこでは「このまんまである」こと自体が素晴らしいということに
氣付くことが大切だと感じました。

ひとは付け足したり、
入れたりたりする作業で成長してゆきますが
意外と削り取る作業を忘れてしまいます。
引き算も凄く大事です。


ascendすると高さで高揚という意味をえて
我をわすれてしまうこともあります。
descendするには勇気という意味をえますが、
そのうらには不安があります。
でも、ハートに変わりなくあるのは
創造する躍動とあじわい、
そして、黄金の光です。

日常の景色にどっぷり浸っていると
アップダウンの波に
この常にある
創造の素晴らしさを忘れてしまいます。

氣づくことの大切さは
この日常の景色を変化させます。
まさに自ら世界をうつしだしてることを
智る瞬間です。
この時、感謝をしたり喜んだりできるのでしょう。
逆に、感謝したり喜んだりする瞬間も
氣づきの瞬間ともいえるかもしれません。

この氣づきの瞬間をくりかえしてゆくこと
それは自らがピュアな自ら、宇宙に戻る瞬間でもあります。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2015-08-27 11:37 | | Comments(0)

ここ数日

この数日、めちゃくちゃ眠いです。
頭頂が熱くなったり、すこし痛い感じがします。

地球の季節の変わり目でもありますが、
太陽系で、銀河系クラスでの
四季の移り変わりの様なものを感じます。

しかも、ここ最近、
龍の意識が盛んに動いているような氣がします。
お盆でも龍にまつわるところを偶然訪れました。
空を見上げれば龍の道が見られます。
地震などの噂も絶えませんが、
むしろ、創造のエネルギーのような感じで
ぼく自身は受け取っています。

あと、
弥勒のエネルギーですね。
そのようなサインを連日受け取っています。


なので、
眠い時はしっかり眠りましょうね。
息子も妻も凄い眠気で
今日はシエスタをしていました(笑)
ぼくも、今晩もぐっすり眠ります!
[PR]
by sanshiro-1973 | 2015-08-24 17:13 | ダイアローグ | Comments(0)

心鎮まったなかにある

今年になってから
確実に変化したムードというのがありまして、
仮に2年前や3年前の意識のままで
今をいきていると
ぎこちなくなってしまうようなことが
あるんだなぁ感じます。

癒す、癒えるから
確実に
進化、創造のステージにいるような氣がします。

このブログのスタンスは
ぼくらの歌う歌が地球、
宇宙を創造し続け
かたちづくっているイメージで
当初からやっています。が、
ぼくの過去の意識には
過去に対するダメだしをして
「世をかえよう」という力が
どこかで働いていたように想います。
なので、この数カ月はぼくなりの
「力み」をはずす期間でもありました。

過去を認める、受け入れるという
作業をしていた期間だともいえます。



* * *

何かがダメだから
これを選択するという生き方には
どこかで分離意識が根を張っています。
それは過程の段階ではよくあることですが、
素晴らしい創造は「ダメ」を振り切り
喜んで「ダメ」を手放してしてしまう力があるようです。



* * *

自己肯定というのもすごく大切ですが、
自己と向き合わずして
自己の振舞いを肯定するのもちがうと
観じる最近です。

すべてはすべて正しさのなかにあるわけですが
その正しさはとても変容しやすいものです。
多次元的にそれぞれの正しさがあり
その柔らかい正しさの中で創造は繰り返されているかんじです。
なので「正しさ」ということばの意味もすこし変わってきます。
「はたらく力の嗜好性、ヴェクトル」のようなもの。
流動的で、進化してしてしまうなかにあります。
この進化、不易を観じる際に、
「俯瞰する」ということばをよくつかいますが、
それは「心鎮まっている」なかにあることを観じています。

これを日ごろ意識しております。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2015-08-21 11:32 | | Comments(0)