ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

土用入り

本日から夏に向けての
土用にはいりましたね。

身体もそこそこ
変化を感じています。

私はハートのチャクラは
後ろの開花は感覚的にわかっていたものの、
前の開花もすごく感じられるようになりました。

身体が変わるとまず
靴に違和感を感じますね。
今まですり減っていたところに
違和感を覚えるです。

さて、数日前、かなりリアルな
空を飛ぶ夢をみました。
離陸するときに息を吸い
浮きあがるとゆっくり吐くのです(笑)
水泳に似た感じです。
夢から戻った時は、だいぶがっかりしました!
心理的な心の反映であるかもしれませんが、
とてもリアルだったので、
なんらかの記憶があがってきたのでしょう。

* * *

さて、今に限ったことではないですが
メディアはまともな方を叩くようになってきました。
最近は露骨ですね。
ただし、これは多くの人が既存のメディアから
離れてきた裏返しですね。
刺激的な言葉をつかい、
おもてにでてきては困る人を
徹底的に叩いているのには
彼らも必死なわけです(笑)


* * *


風を吹かすには、まず自分が動くことです。
そして、自分がどう観じるかを大切にすること。
ぼくらが直接接しているのは
自然であり宇宙です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2015-04-17 10:22 | モノローグ | Comments(0)

氣のとおり

新しい領域に入っているのに
まだ、意識が過去のスタイルを継続していると
なんだかしっくりこなかったり
トラブルが起きたりします。

はやく意識やボディをならすには
やはり前向きさと、
一見失敗にみえるようなことにも寛容で
自分をいつでもゆるしてあげられる
氣の通りが大事ですね。

めげない、あきらめないというのは
この前向きな氣の流れがあってこそです。
後ろ向きなら、むしろ
あきらめてこそ
光を迎え入れることができます。
後ろ向きな状態をあきらめるわけですから(笑)

ここで、自分の状態を
観じるんです。

前向きな心持にするのではなく、
前向きな自分を観じてみるんです。
ここに意識を集中。
もし、見えないならば、
一旦、あきらめる(笑)


だからといって、そうしなくても
次第にその領域にはなれます。

加速させるには
氣づくのがかかせませんね。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2015-04-11 14:29 | | Comments(0)

ボディ

意外と氣づいていない方がおおいのだけど、
このボディでいるということが奇跡なんだ。

目に見えない世界とか、
ぼくらが奇跡とおもっているようなことが
実は当たり前の事で、

ぼくらは素晴らしい「もの」を創るために
この地球に来ていると行った方が良いかもしれない。

もっとこの地球の繋がりを観じ、
もっと自分と地球を観じる。

ある意味、すごいボディを僕らは創っているのです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2015-04-03 20:43 | | Comments(0)

氣がながれるさき

ライトボディになるのが目標でなく
ライトボディのぼくらがどんな地球を
創造してゆくか。
この今、想い描いた地球が
実現している途上にあるかどうか、
すごく大切だ。

今ある自分、
今ある地球、
その最重要項目が、
どちらが先でもでもいい。
結果、おなじぐらい大切なんだな。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2015-04-03 19:25 | | Comments(0)

everything is not all right but Light

春分を超えて
からだもこころも
ますます躍動してきています。

日の出前に急な不安にかられて
目覚めることがあり、
日が出るとそれがなくなることがあります。

この不安というものは地球創生の時に
生まれた振動なのではないかと
おもったりします。
「不安」というと聞えがよくないと思われるかもしれませんが、
「希望」といったり「夢」と変換したりできるものなのかもしれません。
ひとはそれぞれ意味を与えたがりますから、
より心地の良い意味を与えればいいのかもしれません。

さて、ここにきて、さらに進化の加速が起こっているような氣がします。
まあ、ここに書く時はそれが嬉しくって
書いているので、進化をしていない日などないのですが(笑)

前にも書いたかもしれませんが、
「判断」をしない生き方がとても楽になっている氣がします。
さまざまな振動があってそこを識別しながら泳ぐような感じです。
ただ、「心地よい方へ泳ぐ」のではなく
「心地よいほうへ泳いでしまう」のです。

「心地よい方へ泳ぐ」は「心地よい方」を頭でさぐりにかかります。
これはこれでいいのですが、どうしても、
ブロックを解きながらただたどしく
進むような感じになります。

ブロックは、(実は楽しいものなのですが!)
方向を変える潜在的な意志による布石のような感じです。
こころ赴くまで自然に泳いでいると
このブロックは解けてしまいます。
ここには
「どんなことが起きても大丈夫」という確信が
あるような氣もします。

そんな、
あらゆることがすべて素晴らしいという
流れの中をみんながみんな泳いでいる。

それに氣づくか氣づかないか
体感が変わってくるのではないか
そんことを想う毎日です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2015-04-01 10:07 | モノローグ | Comments(0)