ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

宇宙全体のあじわいを生きている

今朝は鳥の声が美しかったです。
メジロの歌です。
太陽も先程、Xクラスのフレアを放出したそうで、
さらにこの数日、大きくいただくものがありそうですね。

* * *


あらゆるものに神性を観ています。
その神性はぼくらのなかでも働いています。
ぼくらはここ地球をあじわいにきていることを観じます。


* * *

「持つ」「所有する」ということで、
「持つもの」の流れを停止させてはいないか?

3日前に浮かんできた想いです。
「持つもの」に神性や振動を観じ
活かしてこそ味わい深いものなります。

利用するということは
利用されていることでもあるんだなぁと。

* * *

「持つ」ことはそのものと生きることです。
そして、その振動をともにすることです。

一方、所持していながら
そのものに無関心であることで
滞りがおこります。

所有とは一時的な仮の状態であり
コミニュケーションのあるありかたともいえます。

「持つものがない」ということは
流れとひとつにあり、
すべてをもっている」とも言えます。


全ては活かしあう関係性の中にあります。


* * *

わたしのあじわいは
全てのあじわいであり
あなたのあじわいは
宇宙全体のあじわいです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2014-02-25 10:59 | | Comments(0)

2014年2月つれづれ

2月にはいってからか
眠っている時に見る夢が変わってきました。
この数年、(引っ越してきてからかな)
なぜかあまりステキな夢を見てこなかった(笑)
最近は、普通になりました。
無意識のなかで、
「救う」ことや「闘う」ことをやめたからでしょうか。
エゴにとって撤退とおもえる引き算も
真我にとってはプラスでしかない進化だったり。
プラス、色々変化しているからかもしれません。

(エゴはかけがえないのない友達のようです。
深さや広がりを時に教えてくれます。)

この夢の件はごく一部の変化で
世界が、2極化というよりカラフルなマーブル模様に
なっているかのような変革な時期です。
スプリットというには何だか違い
仮の繋ぎ目がほどけて
統合されている部分が見え隠れしている状態ですね。

結構多くの人が気づいていると想うのですが、
(ことさらいうまでもない)
自然にスピリチュアルである日常、
あるいは普通に幸せを味わい、
それと一体で生きている人には
そのままスムーズに移行しているようなのですが、
スピリチュアルと(仮想)現実を分けているひとにとっては
その(仮想)現実から隔てられていた
「スピリチュアルな」お花畑な避難場が
崩壊して動揺しているような気もします。


* * *

とくに、
雪の降ってからの数日は
物凄い想念が飛んでいた気がします。
いろいろな情報のなかには
仕掛けられたものもあったようにも。
どうしてもネガティヴなシミのようなものに
意識が流れるような設定がなされているといいましょうか。
けれども、そうした最中に光の種が
たくさんの場所で開花していた氣もします。

色んな事は、なるべくしてなっているようにも
想えます。
そして、毎度、オリンピック開催事もそうですね。

そのなかでも競走することは別な次元に
光の種があって
そこで開花させる方もいます。
違う次元にいたっては
競走しているのでなく
高め合っているとも受け取ることもできますからね。

浅田真央さんはそのひとりなのかもしれませんね。
国境がないことを証明してくれたひとりですね。
目にする記録は一瞬ですが
こころにある美しさは永遠です。


* * *


いつものことですが
どう観るかで
世界がまったく変わります。

まだ、ぼく自身も観方が完全に
切り替わっていませんが、
力まなくても、
今までとは違った観方が
できるようになっているんだなぁ
と観じます。

知識がいくらあっても
それを日の目にさらさないと
智恵にはならないですよね。
観方は瞬時に変えることが出来るので
すぐに日の目にでるのです。


* * *


この時期は特に自分を責めず、
自分と自分にかかわる全ての事象に
感謝をすることが大事ですね。

常におだやかな宇宙は
わたしたちのハートにはあります。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2014-02-22 11:04 | モノローグ | Comments(0)

のぞんでいることを受け入れること

誰かの言葉を信じるのだけではなく、
自分自身の直で働く観じることを
優先にして生きることはとても大事です。


* * *



待つのではなく
すでにあることに
目が徐々にひらいている今、

何かをまったり
誰かをまったり
不幸ばかりを受け入れて
味わうのもいいかもしれません。が、

ただ、のぞんだことが
すでにここにあることを
受け入れることが
さらに大事です。


* * *

たいへんだとおもわれる時期に
家族でいることの意味。
家族といることの意味。
家族を創ることの意味。
こうした意味に
素晴らしい意味をあたえつづけることが大事です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2014-02-19 13:49 | | Comments(0)

備わっていることを省みてあらためること

最近、黒点と中規模フレアがコンスタントに
多く出現して
ある程度、この活発な状態が
安定してつづいているということで
やはり変革の時期なんだなぁと観じます。

* * *

この頃、気づくのが
ひとから意見を押し付けてくるかのような錯覚を
覚えているひとが
多いんではないかなぁというシーンに出会います。

愛情なのか憎しみなのか、
愛しさあまって
非難したり、否定したり、
そんな風に見受けられます。
ときに、正義を振りかざして
とんでもない波動で無防備な人を
打ちのめしたりすることも
見受けられます。
否定と拒絶の波動はときに、
違いを教えてくれるのに大事ですが、
ほんとうに調和になってしまうには
波が荒すぎたりしますよね。
荒い波は自らも揺れてしまいます。


* * *

一方、
普段、何げなく情報をひろいあげて
「正しい」という意味を創り上げて、
真っ向から違う意見がくると
ぶれてしまう。
こんなことよくありますよね。

こんなとき、
このぶれている自分を
観じてみるといいですね。

ぶれるということは
自分がまだまだ選択できたり
創造できる
余白でもあるんです。

多次元をわたりあるく機会を
頂いているようなものですね。


まず、「正しさ」構築する情報が
そもそも、
よりかかるほどの強度のあるものなのか、
そして、
味わえるものなのか。
なによりも
共有して心地の良いものなのか、
観じてみるといいですね。

直観が大事なのは
自分で責任がとれるぐらい
自立している証でもありますし、
そもそも大切な情報は
すでに自ら備わっているのですから。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2014-02-14 16:23 | | Comments(0)

ひとつであるめぐり

ある程度のガイドラインにフローすれば、
あとは自分のハートに聴くだけですね。
最近、そんなふうに想います。

旧暦の大晦日あたり、つまりは
おとといからまたエネルギーの展開がおこり
昨日もすっかり幸せなムードにつつまれていました。


ぼくは「なにかをしなくても幸せ」というのが口癖なのですが、
それを実感させ気づかせてくれるここ数日です。

* * *

自立、独立の一歩は
離れる事ではなく、
自分を観じて
繋がりを観じる事。
そして、
自分のすべてを
このかぎりないつながりに
ゆるすこと。

ひとによっては
縛りをほどくこと。
縛りをほどくことには
この縛っていたものを
ゆるすこともふくまれます。

ひとつである
めぐりの道は
さまざまであり
そのさまざまな味わいが
ひとつであることを
ふかめ、たかめている

* * *
[PR]
by sanshiro-1973 | 2014-02-01 19:44 | | Comments(0)