ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ひとつであること

ひとつであるのと
ひとつにするのでは
大きく違う。

独立してより輝いていることが
ひとつであることの証

すでに
あることに
いかに気づいているか。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-31 09:55 | | Comments(0)

解毒と解除

インフルエンザや感染症がなぜこんなに
「猛威をふるうようになった」と思われるのには、
人工的なものにより脆弱になったからかもしれません。
自然の流れを滞らせた結果ですね。

その原因のひとつは、
私たちの生活がクスリ、日常品(歯磨き粉や洗濯洗剤、化粧品)などで
石油系化学物質を摂取していたり、
合成添加物ばりばりな安易なジャンクーフードやお菓子などを食していたり、
衣類も化繊だったり、食器、調理具もプラやシリコンであったり
住まい全体が化学物質だらけになった結果ではないでしょうか?

個人的に、ご近所さんの柔軟剤の臭い、
消臭、防臭スプレーの臭いはかなり身体に
こたえる時があります。

車酔いの原因はオイルの臭いを消すための
車用の香水だという方もいます。

小さい時、車やバスの臭いに敏感で
乗るのがとても嫌だったのが
今ではその原因がなんだったのかよくわかります。
こどもは身体が小さいので化学物質を吸収する割合も
大人に比べ、かなりなものです。

この脆弱さは
どんどん自然なものに鈍感になり、
一方で
無意識に化学的なものに敏感になっていった結果であるように思えます。
(しかし、脆弱になったおかげで自然なものに敏感になり
化学物質を避けるように気づいた方もまた増えています)

都市の作り方も土をアスファルトで覆い
土地が呼吸しにくく乾燥しやすくなっています。
自然循環をさえぎり、サポートを受けにくくなっています。

自分たちが身を守るのは
風邪やインフルエンザからではなく
自分たちが作り出しエゴや、
採掘型エネルギー中心の化学物資であったり
自分たちのそれに慣れた生活習慣から身を守るのです。



* * *


なので、
一方でこうした風邪のようなものが果たす役割もあると想います。
それはデトキシカルな側面と、
身体の滞りを解除し、再編成するという役割。

風邪を引いた後に、やけにさっぱりした経験をお持ちの方も
多いと想います。

それだけ、現代人は解毒と再編成を
繰り返さざるをえない環境にいるのかもしれません。




* * *




昨日、ここ数日ふりそそぐエナジーについて少し触れましたが、
特に、解除、再編成のエナジーのようにも観じます。

とても心地よいエナジーがふりそそいでいると
感じる方もいるかもしれませんね。
なんといっても、今日はとても暖かいです。
春のムードに満ちています。

ただ、すこしだけ、
車の運転などに当分気をつけてくださいね。
また、風邪をひいたら無理をせず
むしろ喜んで、
ゆっくり休んでください。

横になれないぐらいの風邪をひいたときは
100%天然のユーカリやラベンダーの精油をキャリアオイルと混ぜて
背中と胸に塗布するといいかもしれません。
(*詳しい処方は専門家に伺ってくださいね。)
その際、関節は温めてださいね。
少しは楽になるかもしれません。
2日もあればよくなると想います。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-30 13:30 | ダイアローグ | Comments(0)

満月あけから

満月あけより非常に眠いです。
心地よい眠気。
心地よいエナジーのシャワーを
浴びているような感じです。

太陽も平穏ですが
ひと段落のようで、
今、踊り場なのかもしれません。
数週間前の以前も、
こんなことがあって、
そのあとより精妙になっていることがありました。
(12月後半かな?)

人によっては
かなり軽くなっていると想います。

前もちらっと書いたのですが、
闇に対処したり、見つめる時代が
終わりつつあると感じます。
対処でさえ闇を存続させる力になっている感じです。
ニューエイジもすでに過ぎた時代です(笑)

人類のそれぞれが地中の種のようなもので
光の発芽で闇をてらしている
時代になっているのだと想います。

照らしあいの時代です。

どこか心地よいところへ逃避することでもなく
位をあげることでもない。
地球で共に愛を深めあい
この時代を体感していること。


最近なぜこのからだで
ここにいるのかをよく問いかけます。


より創造的な発展があります。
直感を充実させて、
それが自然に
機能している今を観じましょうね。
直感から引き出される智慧は
宇宙の図書館から引用されているものです。
誰一人として備わっていないものはないのですから。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-29 18:36 | ダイアローグ | Comments(0)

命は常に感謝している状態

最近、文字通り軽くなってきています。
まず、背中が軽いです(笑)

何かにしがみついてたり
こうしなければならないということも
あっさり手ばなしやすくなっている感じです。

空は美しく
鳥の声も美しい
見える富士山も日々なんともいいがたく
美しい。

常に共鳴していただいているものが
地球上にあふれている。

さらに地球を楽しんで
さらに地球を愛している。
地球に根差し、光で満たしていること。

光って?

ぼくら自身。



* * *

背負いなさいと誰に言われましたか?



背負ったものを降ろして
あらゆる方角から
わきあがるものを観じています。

* * *


また、こんなこともあった。
手放さなければならないということはない(笑)
何か「変わろう」と思う気持ちの中にも
「ど根性」が隠れている。
「ど根性」は凄いエネルギーを使うんだね。

こうでなくてはというセオリーはあってもいいが、
それがきみにフィットするとは限らない。


* * *

芽が出るときは自然と芽が出て
葉が落ちる時は自然と葉が落ちる。
花が咲くときはもちろん、
花は常に咲いている。

この生きている意志に
ぴたりとからだもこころも寄せ合い
まるまるひとつとなっている。

[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-28 17:48 | | Comments(0)

自然、進化

自然である
ということは、
原始にもどるわけではない。

宇宙とひとつであることの
ある側面として私たちは
自然なる流れとひとつである。
ただし、
進化を重ねるのもまた自然である。

花がはじめて咲く事を認識したのは
ある宇宙の悟り。

自然のなかに苦しみはない。
ひとがマインドで考えるような喜びもない。
もし苦しみがあるとすれば、
進化を拒んだすえに生まれる滞り。
マインドで考える喜びは慰み。

ただ、それさえも
大きな潮流の一部であり
進化の過程。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-26 00:36 | | Comments(0)

自然、常に観じていること

常に感謝して、
常に宇宙との繋がりを観じている。
本来の自然。

離れてしまったこころには
まず慣れる事。

本来、自然であることに慣れる事とは
不自然きわまりない事であるが、
忘れてしまった経路を想いだすため。
この存在の素晴らしさになれる事。
もちろん自分の存在に感謝する事。
どこまで自分なのか、
どこから自分でないのか、
観じてみる。

感謝しているということ、
つながっているということに
慣れるという事は
滞って麻痺してしまった神経の流れを
流す事。
流れている事を想いだす事。

今、全てに愛が流れています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-25 22:55 | | Comments(0)

予測を超える方が楽しい

同じ仕事をしている先輩(年齢はぼくよりも若いのだけど)と
昨年から金融の話とか陰謀論!?とか、
時代の流れとかをよく話す事があって
昨日も少しの時間だけそんな話になった。

「ぼくは昨年まで金融崩壊がおこって
紙幣が紙くずになることばかりを想像していたんだけど、
金融崩壊がおこるかどうかなんてあまり問題じゃなくて
金融崩壊が起こるなら紙幣が紙くずになるんではなくって
まったく違うんことだってことが解ったんです。」
それは、
「人がお金のスケール(定規)で判断する事を
てばなしていることなんだなぁって想うんです。
ほんものをつくったり、
つかったり、大切にしたりすることだったり、
命に純粋につながるような
ほんもののつながりに
目覚めることなんだなぁと
想うんですよね。」

そんなような会話をして
まったくそうだなって。
ひとが期待したり、
思考したりする以上に
おもしろいかたちとなって
予測した変化は訪れたりする!

意識が「崩壊前」にあるひとは
それを待ち望むけど
「崩壊後」にあるひとは
もうそんなことすでに手放しているといったほうが
いいのかもしれないですね。

ここでまた踏み込んでゆくと、
お金に依存したり、お金をスケールに使ったり
お金に嫌悪したり、
その嫌悪向こう側の依存でがあるゆえの感情だったり
そいう潜在的な思い込みも崩壊してゆくことなんですね。

今までの個人的な意識の使い方、
古いものの見方自体が崩壊し変化するということです。

全体的なエネルギーを大事にすることは大切ですが
大事にし過ぎてずっと抱えていると
エネルギーの流れを滞らせ、問題になる訳です。

あるいみ、
お金はある多くのエネルギーの流れの一つであり
それが全ての判断材料ではないはずなのですが、
今まで多くの意識は「それだけではない」と思いつつも、
「それが全てに近い」と、そう思いこんでしまっていたふしがあるんですね。

だから、お金もたくさん手にすればいいし、
大切に使えばいい。それ自体はなんの問題もない。
そのお金に隠れた依存や思いこみのほうがよっぽど
問題なのですね。

まあ、もっぱらそんなこと当たり前じゃんという人も
増えていますが。

なにかが崩壊して
少数の人や
だれかが苦しむのでなくて
なにかが壊れて、手放されて
全てが調和にいたり
しがみついてたひとも、ゆるされて
心地よくいられることが
あらわれていること
想ってみる。

これがわくわくしてたまらない!
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-20 21:34 | モノローグ | Comments(0)

舞ろう

「AとBという相反する」意識があるというとき
≪思わぬ領域≫が観じにくくなる。
相反するという判断は思考によるエゴの力ですね。
ただAとBは違うというだけなのに。

違いが存在して
「相反する」力が働いているように思えても
思わぬ領域からの力が働いているんですよね。


Aがリードする立場にあるときに
Aが意識の違うBを受け入れて融合した時に
ケミストリーが起こるわけです。
BはAに託し受け入れるという相互の力が
引きあい融合する時に
思いもせぬ領域からギフトが届くのかもしれません。


相反するという意識のとらえ方は
マイクロファイバースコープで
全体のメカニクスの1部をとらえた時のような感じで
全体のメカニクスからすると
連携しつながってあらたな創造を繰り広げている最中なんですね。

* * *


今朝から
こんな抽象的なことを考えたのは
何かに反対したり、
何かを嫌悪して裁断したりするときには
大事なケミストリー、創造を滞らせているように想えたからです。

自ら「相反する思考」が芽生えた時は
まずニュートラルに違いを識別して
観じてみること。

実は地球の多くでこの2極的な力を
潜在意識で「観じる」行為を体験してきたような気がします。
体験をダンスのように反復する事で
違いを生み出し昇華してきましたが
もう呼吸困難感じ(笑)
昇華ってそんな大量エネルギーの使い方って!!


* * *

和の舞にて
違いに喜びが内在していることを
観じてみる。

常に存在していた
ぼくらにとって新たな領域に
舞い上がり
舞い降りて
参りて今
ここにいます。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-20 10:57 | | Comments(0)

銀河

もしきみが銀河を産みだしたとしたら
その銀河にはどんなふうに
あってほしいと想うかな。

ぼくなら
ぼくのこどもを想うように
美しくあれと
産みだすだろう

たぶん、ぼくらはそうやって
それぞれ、本質のぼくらの
想いを含んで、
ひとつの銀河として
産まれていまここにいる

そんなことみんな
わかってはいると想うんだけど!
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-17 17:22 | ダイアローグ | Comments(0)

不安はファン

雪が降って、今年は寒いのに、
まだコートを着ていません。
夜出回ることがないからか、
日差しはとても暖かいので、
ジャケットで充分な感じです。
太陽と月と地球と天体に
宇宙大の感謝です。

ところで、昨年から少し触れているのですが、
今のグレゴリオ暦はこの天体や自然とのつながりを
微妙にずれさせて、
絶縁体をかませているみたいなので、
これからは太陽太陰暦に戻して
過ごすのがお勧めかもしれません。

そうなると、まだ年はあけていません(笑)
ちょうど、年末です。


* * *

最近、
急に荷を下ろしたように軽くなって、
(それが、1週間ぐらい前かな?)
眠い日が続いています。

それでもって、必ず
深夜に、湧きあがる「不安」をじっと
観じています。

ぼく自身「不安」とはここのところ
ご無沙汰だったのですが、
ほんと最近、おでまししたのです。
(もしかすると、この不安は
ネガティヴだからと判断して、決してネガティヴでもないのに、
無意識に押さえ込んでいたものかもしれないね。)

そして、
訳もわからぬ「不安」です(笑)
瞑想はあまりしないで、
ただこの「不安」を観じています。
なぜだか、時に、心地よかったりもします。

感覚的にいうと、エナジーが
首のところでつっかかえていた状態が
昨年から続いていて、やっと抜けきるところで
この「不安」がわきあがってきたのです。
といっても、なんだか
静かさはひろまるばかりで、
「不安」を変調している感じです。
だからあまり不安でもなく
目覚めるとすっきりしています。
過去の苦さが甘味にかわるような感じかもしれない。


  * * *

新しい何かを創造してしまう時は
今までの方法論、見え方が全然違うようになるんだぁと
当たり前のことだけど、最近つくづくそう観じます。
過去は変わらずに、今、
ニュートラルに存在しているのだけど、
見え方が違う。

今、何かトライしていることがあったら、
まったく違う入口から入ってみると
違う意識、違う次元から
アプローチできるかもしれないなぁと。

エーテル体、アストラル体、メンタル体
コーザル体が
ボディーをもった意識というのは
動詞なんだなと想う。
個性をもった動詞で、
風のように変化をたのしめるんだね。

まあ言葉にするとそっけないけど(笑)
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-01-17 16:45 | モノローグ | Comments(0)