ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

いたるところにはたらく愛を観じてみる

光と闇は対に裂かれたものではなく
ひとつ。

時に、
ひかりが水であるならば
闇は器。

ひかりがふりそそぐ
土地が闇のようにもなり、
ケミストリーで新しいものを
産み出し育む。
闇は異質な光ともいえる。

光を超えた光の目からは
闇も個性。
ケミストリーを起こす
多様な光のなかの
周波数を変えた一光です。

光と闇という名付け。
この関係性は
ほんの宇宙の一部で

すべて多様に働き、
すべてが愛が生きて
調和の元に
であうのだ。

全てに愛は浸透している。
これを私たちは観じている。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-29 18:58 | | Comments(0)

高次の私を体現しつづける

私は対象の高次元を認めて活かしている。
このとき、この今、対象と呼ばれるものは
私とひとつであり、
喜びでしかない。

* * *

怒りの時、対象に対するフォーカスを観じてみると
牢獄をまさに創っているような感じです。
ねたみそねみもそうで、
対象の高次元を認めていない状態。
それはつまり、自らを低次に
落としめている状態です。

一方、対象の素晴らしさを認めて、
喜びをわかちあうことは
高次の「私」体現しているときで
対象が消滅している「今」です。

本来、自然は高次の存在を認めないことがなく
あるがままにひとつであります。
認めないことで何を学んだでしょうか?
つまり、怒り、妬み、悲しみのなかにあっても
常に、高次の私、
高次のあなたが必ず存在しているのです。


自然にもどること。
素晴らしさを認めて
喜びをわかちあい、私たちは常に、
高次の私を体現しつづけています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-27 12:57 | | Comments(0)

それぞれが独立して輝いてひとつです

23日以降、変わらないようで
確実にかわっているようです。
ヒーリング能力もたかまったり、
自己治癒力が高まり、
傷が癒えるのが
はやまったりしているのではないでしょうか?

太陽から降り注ぐ光が、
7色もしくは複数色がひとつに
まとまってふりそそぎますが、
その複数色が個性をもって
そのまま降り注いでいる感じす。

時折、虹色の存在を観じます。
ぼくらはひとつをあらわすのに
それぞれの独立して輝いているのです。
ただし、ひとつになるには
調和であることがあたりまえになるのです。

* * *

独立して輝いている
自らを観じています。

そのひかりはなにものにも
依存しない個性的な光です。

統合するのではなく
統合の中にすでにあります。

私自身が私の救世主です。
あなた自身があなたの救世主です。

それぞれの光が調和のとれて
ひとつであるのが宇宙の自然です。

おおいなる遠回りの終焉です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-26 19:51 | | Comments(0)

愛することは息をすうようにしぜんなことです。

今日はぼくの街では虹が出ました。
なんだか仕事中だったのですが、
こどものようにはしゃいでしまいました(笑)

さて、昨日はいかがお過ごしでしたでしょうか、
天の川銀河の中心と太陽と地球が
一直線で結ばれる日ともいわれていました。
私は20時前から瞑想するべく
息子と布団にはいったのですが
息子よりはやく眠ってしまいました(笑)

ただ、20時〜21時あたりの耳鳴りがなんか変な耳鳴りで
エネルギー同士が融合する音のように
夢うつつで聞こえました。

朝起きると、息子も
そとからおかしな音が聞こえる
といっていました、
まあ、気のせいでしょう(笑)


* * *

これから宇宙にふりそそぐ
エネルギーもますますかわっていきます。
それをうけいれればうけいれるほど
あたらしい地球をカラフルに創造してゆくのだと想います。

私は先日の選挙で、ある自分の中の分離感をみつけました。
それをおとといあたり抱きかかえる事ができたと想います。
やはり、いきとしいけるものを愛する事は
とても自然な事だと想います。
すべてのものを愛するのは
ひととして本来当たり前のことなんですね。

愛するという事は息を吸ったり吐いたりするように
ごく自然な事です。
こうしている今も、愛がいたるところで
働いています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-22 22:45 | | Comments(0)

冬至のうた

ひさしぶりに耳鳴りすごく、

耳鳴りというより月の音叉、

ゆらゆらともし火のように
からだが揺れる

疑いははめ込まれた
計量、はかり、

ただ、疑うということは
信じることに近く、
幻にはいりこみ
同じように
重力を感じ

ただ
疑わないということは
ものすごい力、

うた飼、うたを解く

うたがうという
動詞が消滅して
互いに、違う想いが融けあい
突き抜けて、

うた歌いになって

判断も消えて、

信じることを失うのではなく、
信じることもなくなる

粒子になって
揺れている


この光をつかもうということも
やめている

そこに、必要がないから、

求めていたみずからも融合して、

上にから下へ流れる
重力は
下から上へも流れさえする
むしろ重力は名をあらためて
ふっとささやきあう
命の吐息となっている

ただただ、光だから


この夜の長さを
充分に味わったのだから

光を受け入れてくださるのびしろに
みんな、このハートから
虹の背筋を伸ばすように
照らしあい

てらしあい
てらしあい
てらしあい
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-21 17:15 | うた | Comments(0)

照らしあう循環

息子が最近、げらげら笑いながら
目覚める。
ぼくはこんな朝がとても好きだ。

今日も、笑いながら目覚めて
実に満足そう。

今朝は、昨日まで
めいいっぱいかかえていたものを
さらに手放した気がしました。

いらつきとか、無意識の争いとか、
ぼくのではないとおもっていたぼくの想念とか!
つながっているものをゆるすことは
自分をゆるすことにほかなりませんね。


今日はとても穏やかなムードですね。

* * *

自分中心から
地球中心から
太陽中心から
銀河中心から
この宇宙の中心である
私の中心に常にいます。

この宇宙のすべての
中心から
発せられるよろこびは
わたしたちです。

与えられている
よろこび
与えている
よろこび

照らしあい
分かちあう
循環のなかに常にいます
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-21 13:42 | | Comments(0)

この命を喜びましょうね

さて、今日TVのニュースで
こぞって、12月21日の滅亡論の否定を放送していましたね(笑)
そんな、放送するまでもないニュースだとおもいますが。
なんだかその対応は中学生の放課後の会話みたいで
なんだかな、と朝からお茶をすするまでもなく
ぼーっとしていました。
でもね、なんで「この日」をクローズアップするのかと
考えるにはいいきっかけなのかもしれないですね。

前にも書きましたが、
必ず重要な日にはネガティヴキャンペーンが
なぜかはられるんですよね。

この日は天体的なイヴェントが起きる日なんですよ。
この日は事実、冬至ですが、冬至はこの日を境に
光がだんだん増えてゆきますよね。
その前で行われるサンタ・ルチア祭(北欧では昔は冬至)もそうですが、
光の誕生を象徴するひでもあるんです。
しかも"今年"はこれが地球規模だけでなく、
宇宙規模でおきるようなもんなんです

だから、もう、お祝いですよ。
だから、この数日は、
自らの銀河を観じることがいいかとおもわれます。
自分の命に感謝したり喜んだりさらにしちゃいましょうね。


不安はハートをとじるスイッチです。
気づかないのはハートがすすだらけのじょうたい。
喜びにあふれることはハートをひらくじょいうたいです。

喜びはじんわり宇宙だいにひろがり
あたたかい。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-19 10:16 | ダイアローグ | Comments(0)

本質

わたしは銀河です。
わたしたちはそれぞれ銀河です。

わのなみをうみだしつづける
銀河です。

自らを大切にすることは
ほかのすべてを大切にすることに
いたります。

[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-19 10:00 | | Comments(0)

太陽系ボディ

ひとによってセンターが違うし
ハートが違うんじゃないかと今日ふと想った。
見ているところが違うというと、わかりやすいけど、
それよりも、存在しているとことろが違うといったほうがいいのか。

というのも、
人の体は太陽系と「呼応」していると観じたから。

けれど、
どこかが、どこのなのかがいまいちわからない。
調べてみると、同じことをいっているひとがいるが、
詳細は不明。むしろ、ぼくの直観では
「呼応」というか、ボディが太陽系そのものなんだけれども、
その性質的な意識の窓によって
さまざまな宇宙が存在するわけです。

なぜ、こんなことを想っているかというと、
昨日あたりから、胃腸のあたりに強いエナジーが
贈られているきがするんです。
チャクラで言うと丹田あたり。

なので、胃腸に働きかけるウイルスが
この数日はやるかもしれないですね。
息子も、どうやらそんなウイルスと出会ったみたいで(笑)
でも、意外に元気なのです。
風邪と呼ばれいる以外の好転的な
エナジーが別にあるような気がします。
木星の影響?集合的な働きかけ?
そんな感じ。よくわからないですね。

そして、ここ数日から、太陽活動がふたたび
活発になるような気配もかんじます。
この太陽はハートなんですが、
性質性格に応じて柔軟に配置転換しているような感じ?

少しばかり、発振してみましょうね。
なんか必要なことかもしれないしね。
惑星の持つ響きがよくわかると
結構おもしろいかもしれないです。

誰か知っているとは思うけど!
自分にフィットするかはわからない。

今、頭の中で、
自分の身体が太陽系の
ならびに変容しているのを想像してみる。
もはや人型ではない(笑)


追記:
勢いで書いたものの
恣意的すぎてよくわからないね。
今は無理だな、書けない。
ちょっと寝かしておこう(笑)
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-18 18:11 | モノローグ | Comments(0)

ひかり

他者をかえようとするのは
やめてしまいます。
が、どこまでいっても、
あなたはわたしとつながっています。
かわるのは常にわたしです。

輝きをさらにますこと。
喜びを分かち合い
喜びをさらにますこと。

[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-12-18 12:36 | | Comments(0)