ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

協力者

最近、感じていることが、
多くの人が今まで、
「不安(な事象)」を過大評価
していたことがよくあったということです。
情報を鵜呑みすることと、
現象を観じることは違います。
まして、情報を操作しているのが
自分自身であることを
忘れている事がよくあります。

不安を過大評価すると
知らない間に、
人の責任にしたり
いもしない「敵」をこしらえたりするんです。

あらゆるものたちは
協力者なんですよね。

仮に「敵」を作ったとしても
それは自分の手足のように
はなれることがないものだから
いつまでたってもぬぐい去る事が出来ない。
「敵」だとおもっているものは
愛しい自分自身であり
どこまでもあなたを救い続ける「愛」なんですよ。

今、ぼくらがしていることは
なんで、こうなっちゃったのか途方に暮れることではなく
全てを愛していることを
もうひとたび想いだしているのです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-11-19 21:07 | | Comments(0)

邂逅、融合

数日前、11月はクレンジング(浄化)がおこっていると
いっていましたが、
やはり、個人的にチューニング、整体、整調月なのか
今まで「頑張った」部分が浮き彫りになって
改善されています。

この数年肩こりをしていなかったのですが、
この数カ月間、背中がはってはってしかたなかったのです。
それが11月から
いきなり流れ出して、改善しています。

ぼくはこの数年の流れを
地球を身体のように観じて、
それとシンクロして
自分の身体も下部からじょじょに
エナジーが上がってゆく感じだったのですが、
ハートの部分が終わり今は
喉や頭部に進行した感じです。
まあ恣意的な感覚で、説明できていない感ですが(笑)

たぶん、これは自分だけに起こっている
事じゃないなと想っています。
皆さんのなかには何か突き動かすような
エナジーがあふれてきている方、いらっしゃると想います。
自分自身の意識が変わると
それが周りに必ず影響を与えていきます。



* * *



「スピリチュアル」的な話をする人同志は
よく引き寄せられ、知識を共有したり
人によっては与えてもらうことを期待していますが、
自分の影響力に関しては
意外と過小評価だったりします。
(ひとによっては所属意識を大事にしています。)

スピリチュアルでないひとやものはないのですが、
それを忘れて
どこかにスピリチュアリティを外にもとめがちで、
目立ったほうに
「引き寄せられて」しまいます。

自分が引き寄せて新たな共有域を
創造、認識する人は意外と少ないです。

色々な性格の邂逅、融合は
「引き寄せ、引き寄せられる」以上の
創造です。

独立した個がとてもおおいなるひとつにとって
大事になってきます。

どんなひとやものにも
影響力があるんです。


これから個の全体への
影響力が大事になります。

自分がいかにあるかを
明確にヴィジオン化すること。



* * *


ぼく自身も、スピリチュアリティを外に
気がつくと、求めがちでしたが、
求めても求めても、近さを感じるが
遠さがありました(笑)


 * * *

意外と近くにあります。
近くというよりもここです。
あらゆるものと邂逅によって
自分のスピリチュアリティを
認識することができます。
日常はほんとうにスピリチュアルです。
どこかにいかなくとも
なにかにならなくとも。

惰性の融合はついつい
見えているものを見えなくします。
また「見ている」と信じて疑わないものも時に、
思いこみに閉じ込めていることがあります。

流れの中にいると邂逅、融合は絶えず
発光、創造のタービンになっています。

存在は常に輝いていますが、
発光している自分自身に気づくこと
大事ですね。


* * *


色んなもの色んなひとの
色々なスピリチュアリティを
引きだしたり認識したり
影響あたえたり
与えられてりしていることって
あらためておもしろいな。

だから、
そのひとの限界をみとめたら
それが自分の限界のようなところもあるな。
と、最近感じたりもする(笑)

ほんとはそん限界などつくっているだけでないのだけど。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-11-17 12:06 | | Comments(0)

進化の道

日差しは相変わらず強いのですが、
寒くなってきましたね。
首、足首、下半身をあたためてくださいね。

この数日、
化繊の衣類はなるべく「地肌」に
つけないほうがいいかなぁという
話題がまったく関係のない複数の場所で
聞かれました。
(暖かく便利ですけどね。)
みんな直感で感じているようです。

化繊が大きく普及されるようになった背景には
採掘型のエネルギーの資本が大きく関わっているからか、
自然な整合性からみると、天然にあるものながら
過去のひとの意識状態で採掘され、つくられたものは
自然に対して負荷がかかっているようにも想われます。

今から選択するなら
綿や麻をみにつけることで
植物への恩恵をフィードバックする世界を
さらに推し進めて行くのだと想います。


* * *

この数日、多かれ少なかれ
全体的なクレンジングが起きている感じがします。
人だけではないけれども、
人によっては目まいや咳がでているかたもいるんじゃにかなと。
ハートから上へのやさしい圧のような感じです。
人によって千差万別ですが。


* * *

今ある状態で、
ひとは変わることができます。
すでに大いなる存在であるのですから。

今していることをしていても
意識を変えることはできます。
なにかを辞めたり、何かをしたり
何かを手放しても手放さなくとも
あなたはあなたであり、
大いなるひとつの動詞でありつづけます。

この大いなる天体とのつながりにより
確実にあなたと私は確実に結ばれていて
それぞれの想いが相互の働きあいになり
進化の道になっています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-11-15 10:22 | | Comments(0)

ただあるというところから芽が出ている

太陽の黒点が急に増えだしましたね。
星にも感情に似たものがあるように観じます。
それは意識なんですが。
ぼくらにも意識を超えた意識で
動いている部分があると想います。

* * *

昨日、マヤ暦の事に少し触れたら、
webニュースで新しくマヤ暦が見つかったというような
内容が書かれていいました(笑)
暦は今年で終わっていないとのことが
書かれていたのですが、
再度、探してみたけど記事がみつかりませんでした。
でも、まあ暦が今年が終わろうとそうでなかろうと
昨日も書いたと通り、重要なのは
天体とひとの関わりなんですよね。

天体に関して大事な局面を迎えるときに
今までネガティヴキャーンペンが張られたんです。
2000年の時もそうだしね。
このキャンペーンが張られたのには
やはりこの期間はスペシャルなんですよね。

この1900年代後半から
21世紀に関しては
人類にとってとても大事な期間であることは
間違いないですね。

ひとりひとりの選択で
自然と調和している最中に
ぼくらはいます。

不安で心が曇らないように
晴れた眼で、自分のハートで
観じてみましょう。
ここで、ぼくらがどうするかでなく
いかにあるかを観じてみましょう。

ただあるというところから芽がでていることでしょう。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-11-13 21:43 | ダイアローグ | Comments(0)

自然と融合している

11月なって、いろいろ直感が降り注いでいますが、
今は見つめる事が多そうです。
前からマヤ暦のその先の暦があることが解っていましたが、
やはりそう想うひとがいて、
じゃあなぜその暦がおわりとされるのかを考えるのが
最近楽しいです。

あれは終わるのではなく、そのサイクルのつなぎ目の意識が
計算し直すということなかもしれません。
巧くは言えないけど、
地球の変化宇宙の変化はある程度の進行で計測できるのかもしれませんが、
変化予測ができなくなるサイクルは次のサイクルの移行時、
その数年は遊び場になると聴いた事があります。

暦は時間のなかにあるのではなく、
宇宙全体と地球、個人との関わりの中に
あるものなのかなと感じています。

時間や時点に自らをしばるのではなく
宇宙、自然と融合してい調和している
自分を想うこと、それが本来の姿なのかもしれません。

アセンションはひとからすると長い転換期です。
それは多少のゆれを観じるかもしれませんが、
そのゆれに不安になる事が趣旨ではないですよね。
それよりも本質的な宇宙の自然、「進化」を観じることなのです。
本来の日常でも、長い時間を点のように短い時間に捉えると
日々劇的に進化している自分を観じることができると想います。
ひとは知らないうちに成長するものなんですよね。
不自然に成長を止めなければですが。


* * *

自然の在り方は
受け入れ融合していること。

ひとがもし、自然に受け入れない時は
不自然な力を使用しているので、
自らの足下を見つめる大きな機会です。

自然と一体であるものは
迎え入れ融合して
やってくるものをも
変化させる力があります。

ひとのゆるしの力は
受け入れ融合している
扉の開いたサインです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-11-12 05:47 | | Comments(0)