ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

best things always transform

今までの在り方が、
たとえ最善であっても、
それはあくまでも「今まで」であるんです。

それは、「今まで」がダメになるとか
そういうことではなく、
さらに素晴らしいあり方は
進化してあり続けます。

流れをつかみとどまることはできません。

今、この流れの中にすでにいるからね。



* * *


また、息苦しいようなあり方にあって、
環境を変えたくなる方もいるかもしれません。
それもありですよね。
そこで違う視点を得られる契機があるかもしれない。
ただ、環境のせいにしていたなら、
他の環境でも、自らの芽が同じ息苦しい課題をつくる
可能性はありますよね。

どんな状況下にあっても
常に素晴らしいあり方を
自らの意志で体現しているんです。

まず、環境を変える前に自身のフォーカスを変えることで
常に恵まれた環境いたことに気づくことがあります。

外に変化を求めることはとても大変なエナジーを要します。
それは本質を自ずと引き離しているからです。

* * *

ただ今、私たちは
せき止めていた本質と同期して、
卵を内壁から割り輝いてしまいます。

常に私たちは意識の変化のなかにあって、
進化しています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-07-26 11:41 | | Comments(0)

ただあることのあたたかみ

この数日、いろいろなことが起きまして、
あらゆる方の言葉や、現象はほんと
今までおもてにあられることがなかった
自らの助言だなぁと感じています。

その現象に、感情が思わず高ぶってしまうのだけど、
ハートの太陽はいつもぽっかぽっかで
なんだかニュートラルにならざるを得ず、
人からしたらかなり冷たく映るかもしれけれども、
それはそれで暖かいものだと観じてくれるとも
想っています。

ただあることのあたたかみ。

出来事にどんな「学び」だったかという解釈をすることがあるんですが、
それは時に、自己満足や、妥協につながっていた気がします。
それはとりあえずのステップ。それもまたあり。

ただ、観じ切るにはずどんと受けとめて
本気で感謝として投射しているかどうかだと観じます。
より透明な視点といいますか
より穏やかな状態といいましょうか、




* * *


ひとつであることの認識が
ヒーリングであるなら、
ひとつでありながらこの多様な色彩を
味わい楽しんでいるのがチューニングです。

ひとは癒されるのではなく
ひとつであることにチューニングして
自然な流れになるようになっているんです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-07-24 17:15 | | Comments(0)

やさしくふきわたります

どこかにつながろうという気持ちを手放すことが
常につながっているという認識にいたるなと
今日、風呂はいっているとき思いました。

必要な時に必要なこと、必要なものが
すでに用意されている。

ぼくらはすでに頂いているわりに
「もらいぐせ」がついており、
頂くためには我慢も苦労もいとわないという
癖があったり、
つながっているのに、
「つながろう」と切断してしまう
無意識の慣習がある。

宇宙、自然はこれをすべてゆるすして
くださるんです。
破滅することも、
創造することも
すべてゆるしている。

ただ、「すでにつながっている」という意識からは
破壊のエネルギーよりも
こまやかな成長があるような気がします。

お笑いになれ!
ふふふ
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-07-18 20:29 | モノローグ | Comments(0)

すべてすでに祝福されている存在

恩寵は外から降りてくるように
おもわれ
自らうちから沸き上がるように
おもわれ
たしかにそうであるが、それがすべてではなく

恩寵は自ずとあらゆるこころの方向から
おりてきもし
わきあがってもいる。

あらゆる存在は
自ずと
祝福されている

* * *

光が降りて来たと想ったなら
それは自らのハートから
湧き出てきた光

ここはうえもしたもありありの

[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-07-18 20:09 | | Comments(0)

もとめず、であう

個人的におとといからさらに
かろみを帯びて来ている気がします。
この数週間、
そらを見上げると地球の波動が雲のかたちまで
穏やかにしているようです。

あきらかに、何かを変えるように
声をはりあげるのでなく、
「見守る」のではないのだけど
それに近く、
「優しさを吹きかける」ような
地球の鼓動と共にしていて満ち足りています。
光で照らすという意識もありますし
照らされているという意識もあります。

* * *

すでに
うんざりだと思って来たパターンから解放されています。

ひそやかでうるみのある
自然の波を自らの波にして
風吹くように世界にわたっていきます。

日がのぼりじわじわ土地をてらし
土地は潤みをもって受け入れるように。
銀河が身籠り
螺旋に育まれ
また出会い
融合して
潤み
宇宙の風は
ルンと吹きわたっています
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-07-18 19:49 | | Comments(0)

調律

してもらうことを考えるのではなく
して頂いていることを観じてみる。

そして、さらに、
あることを観じてみる。

心からわき出して。

させて頂いている全体が見えてくる。

* * *

普段、気にしない
沈黙に身とこころをひたてしることを
観じてみる。

* * *

普段、気がつくと
力がはいっていることがあるなら、
力をゆるめる。

多くのものが、力みに支配されている。
この力みは思い、悩み、思考に
身体を委ねている証だ。

身体の全細胞にははこころがある。
そのこころからわき出しているものを観じてみる。

存在は力をゆるめすぎると
なくなる。
この鼓動の
緊張と弛緩を
より精妙にして

力をほどよくゆるめて
自然の流れのなかで
完全にぴたりと調和している
力の流れを観じてみる。

元からここにいて
あらゆるものはここから
はなれてはいない
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-07-11 21:39 | | Comments(0)

new world naked

昨日は満月でしたね。
太陽も活発です。
意識の変わり目を過ぎて
こんどはそれを表現してしまう期間に突入です。
ついこないだの変わり目が
この1週間はあらわれているようにも感じます。

個人的に足元と
左側が光をさしたように
暖かくなります。
(今、おしりがじじんと熱いです(笑))

個をとどめておくのが
頭で分割した意識だとするなら
それもほどけ、個というのが
光の穂のような曖昧なラインを帯びています。
なので、この数日、
今からの世界のヴィジオンが
顔を見せ始めているような気がします。

一見、メディアや報道を見聞きすると
「やっぱり、かわらないんじゃん」と思わせる
サインがでていますが、
こんな状態の時は、
「外をみている」状態ですよね。
内に目を向けてみると
大きな変化がきっと起こっているはずです。
実は、外も大変革しているんですよね。

外のサインに一つをみいだすのでなく、
もちろん内なる響きに一つをみいだすのでもない感じ。

すでにあるひとつをまるまる
外と内へだてることなく放射しているんです。
これを観じてみる。


* * *


「おそれ」っていうのは
とても面白い意識で
かたちをとどまらせる
重力のようなものがあるんですよね。

そこにはかたちを決めるうえでの
分離させる力があったわけです。

ひとつに融合してしまう時に
この「おそれ」が一瞬だけ輝きます。
これは
頭で「決める」力です。

一方、
産みだすちからはもっと
自然で、天体と自らの魂の意志が交わって
ハートから生まれてしまいます。

この頭とハートをつながっていることを
意識して、ハート主導の
おそれによる重力のない
流れは常に流れています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-07-05 15:16 | | Comments(0)

カンシャ

自然、
生きていることは
感謝を積み重ねることです。

積み重ねるごとに
放たれてよりしなやかな
かろみがましてしまいます。

感謝は投射であり、
放射であり
顕われです

感謝を忘れていても
存在は
感謝を自動的に
積み重ねています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-07-01 19:04 | | Comments(0)