ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

宇宙のみぶるい―flower of being

物質であろうが、物質でなかろうが
存在そのものは
宇宙の情報です。

花のかたち、ひとのかたち
もののかたちは
想いのかたち
それぞれ
美しい宇宙の情報です。

そのかたちの意味を説明したり
解読すること自体には
さほど意味はありませんが、
このかたちを生き
活かすことが
意味を超えた智慧、
叡智であり、
感謝、尊さ、美しさ
宇宙の身ぶり、
みふるいです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-31 15:14 | | Comments(0)

存在をかんじている。

最近、夢で、メッセージとも思える
荒んだ夢を見なくなりました。
あの夢たちには、今さらながら感謝です。
これは、とても素晴らしい兆し!

先日、少しだけふれた富士山の周波数の上昇
全体を鼓舞する輝きだったのかもしれない。

全体的にのりのりで
周波数が精妙になっているのを感じる。
多くの人がかなり気づき始めている。
逆に、今までお世話になっていた
社会への疑問が明らかに
目立ってきている気がする。
目覚めたのなら少しずつ身体を動かして
行動になってゆくのがちょうどいい。

* * *

「どこかで
わかっている
どこかで
気づいている。」

そんな感じでも、
滞っているなら、
逆に、どこかに、
力がはいっているんだ。
知らず知らずのうちに
こうなるヴィシオンを力づくでしようと
焦っているんだ。

この気づきはむしろ全てだ。

思い通りにならないと、
仕方がないと諦めてしまっていたけど、
ぼくらの気づいている
美しい宇宙は永遠に有効。
永遠に、この今に存在している。

気づいていることは
全て。
諦めるなら
「しようとする力」を緩めること。

命を感じている。
存在を感じている。

花はさくようになっており、
すでに咲いている。
滞っていた命の流れは
今、せきをきって流れ始めている。

ここにいるのに、
ここにたどり着くまでに
いろいろなワークをへて
この存在を味わっている。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-31 14:16 | | Comments(0)

チャクラと調和

チャクラを意識することが当然な方もいれば、
まだ、「なんだそれは?」と
思う方もいるかもしれません。
ただチャクラは他の身体同様、
すべての存在に備わっていて
ここが調和している状態というのが
本質的な状態です。

全ての方がチャクラに意識を向け
自由自在に調和の方向へ向かうことができる。
なにも特別なこともなく。

すべての瞑想が花を咲かせるのではなく
花が咲くようになっているものを
咲かせない何かをつくったために
瞑想が必要になったともいえる。

この調和の花が誰にでも咲くようになっている。

今、ここにあるすべての存在は、すでに
花咲いている。

花を咲かせない何かで
何を学んでしまったか。
それはより素晴らしい花が咲いているための
静かなハートの高鳴り?

それではすでに咲いている花の香りを
味わうまでです。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-28 16:24 | | Comments(0)

チャクラを整えることは自然と調和すること

やっと、身体が落ち着いてきました。
脱皮したてのからだから
より軽い身体になっています。
浄化というと簡単だけど、
無意識に無理をしていたぶんの
自浄作用というか、整える作業だった気がします。
あらゆる自然な動きは常に調和するようになっている。

なんだか蛇が巻きついてたような感覚が
ほどかれて、そんな巻きついていた
蛇のようなものにも
感謝したりするような感じです。
すべて、自分がつくりだしていること。
ただ、それとシンクロして、
宇宙は素晴らしい創造をしている。
あらゆる現象にも感謝です。

よくこのブログでたとえますが、
流れに竿をさすとえらくエネルギーを使う。
そのエネルギーの分だけ整うほうへ
色々なかたちを変えてあらわれる。
つまり、ひとも自然なのだから
人の思う調和には至らないこともあるが、
整うようになっている。

だからか、
日曜日、Earththanksさんのワークショップに
必然的に行くようになっていたんだぁと
今、ふりかえって改めて感じています。
いろんなかたの御縁というのは
必ず、自然の動きに即している。

自分(あるいはエゴ)の考える力はたいしたものではなく、
分け隔てなくひとつにつながって流れる力によって
すべては活かし活かされている。

まだまだ、多くのスピリットは
無意識で愛している地球や宇宙の中で、
(あるいはそれぞれの宇宙になって)
だだをこねている。
けれど、この存在たちはすべて愛を表現しているからこそ
ここに存在している。
ぼくはこの愛しい存在と共に表現しているよ。
このそれぞれの違いが
大きな水面のきらめく美しい照り返しであるように。



* * *


Earththanksさんのワークショップはとてもタイムリーでした。
とても素晴らしい調律師です。

自分のチャクラを感覚的にとらえていたのが、
より明確にとらえることができるようになりました。

よく無理して、投手が肩がぼろぼろになるまで
投げてしまうことがありますが、
今までのぼくはどちらかというと、それに近くて、
チャクラのトリートメントはあまり意識していなかった。

穏やかにしばらく過ごすと、自然に回復していたからかな。
だから、この1ヵ月近くの違和感は、
思ってもみなかった、分離に近い感覚だったのかな。

おそらく自分のチャクラに意識を向け
調律する事は
自然に調和していることなんだな。
そして、ひとやものは、それぞれみんな
無意識にしこの代謝のターンオーヴァーを繰り返している。
ただ、いろいろに作りだした不調和材料により
代謝が鈍くなり、いろんなところが歪んでいるのかもしれない。
歪んだら整うように回転してしまう。

ヒーリングや、ぼくが感覚的にやっていた
ハートを中心にして
穏やかな流れを観じているやりかたも
そんな調律だったのかもしれない。
今頃、こんなことに気づきました(笑)

より、フィットした調律の仕方を学べたこと、
Earththanksさんに感謝しております。
また、紹介をしてくださった山田さんにも大感謝です。
ありがとう!
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-28 16:06 | 天使 | Comments(0)

descent

地球の意識に深く降りてゆくと
なぜか
太陽の中につながる
通路に

そこはキリスト意識が迎え入れて
くれてくださった。

なんかそんな
1日を過ごしています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-26 21:35 | モノローグ | Comments(0)

ひらきあい

人はものは美しものに引き寄せられます。
が、ひきよせられているのは
美しいものも同じ。

相互のひきあい、
ひらきあいがあって
完全なる美しさが
浮き彫りになのです

これは
すでにある
存在の美しさ、

この地球で、
このダイミズムは
全ての命によって
行われています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-26 11:27 | | Comments(0)

常に追い風

昨日、今日と
富士山がとてつもなく輝いていましたた。
ただし、富士山だけが突出して輝いていました。
周波数をあげているがごとくね。

* * *

ここのところ、今まで引き延ばしにしていたことや
見ないでいたことが明るみになってきている気がします。
ぼくもそうで、この1週間は6年ぶりぐらいに
身体に疲れがきました(笑)
23時半ぐらいに新月を迎える今日までの数週間、
なんだか休まる事が無いぐらい
落ち着かなかったな〜。

今日は、仕事で
こころから想っていることを書いたら
急に身体が楽になりました。
生産的な仕事が最近できていないな〜と
思っていたところ、
生産的な仕事をするように社長に言われ、
今まで自分がやってきた
フォローのような仕事が無意味なように想えていたのですが、
そのフォローのような作業を表現した瞬間に
急に身体が楽になりました。
この作業が必ず、生産的な
作業になっているとも確信しています。

自分が心からしてしまおうということはすると
急に風向きが追い風になったように感じる。
ずーっと追い風なのに気づかないうちに
向こうに見える舟の動きを自分の動きと間違えてしまう。
向こうにある舟の風向きと、こちらの風向きは違う。
真なるこころからの命の流れは
常に追い風。それを改めて忘れないことを学んだ。
 
* * *

また、訂正しないと痛みを伴う動きは
素直に訂正してしまったほうがいい。
その訂正はしてしまったことの後悔でなく
必ず創造になっている。
つまり、反省、訂正はあらゆる素晴らしい創造の過程で
それ自体も創造だ。

* * *

富士山だけが突出して輝いてみえたのは
まだ眠りこけている「私たち」がいたからのように想える。
なんだか、ある仕掛けらた流れを本ものの流れだと思い込み
そのまま流れているような感じだ。

目覚めてから、寝ぼけている時間はあってもいいが、
ぼっとしつづけているのも考えものだ。

とにかく今、こころからしてしまう表現をさらにしちゃおう。




螺旋軌道
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-22 21:12 | モノローグ | Comments(0)

螺旋軌道

絶望はつくられたものです。
見つめていた望みが朽ちてゆく
瞬間をみているなら
幸いな事に
見えないところ、
見ていないところに
豊かな花がひらいています。
その一粒の種に
命をそそぎこんでいたのは
まさにあなたです。

すべての命の流れは
絶望のままでとまることができません
つぎなる命のひと吹きを
今、あなはまさにしている
最中です。

一見、下っていると感じるのは
上りの螺旋軌道。
完全なる流れ、
美しい軌道。
喜びの過程。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-22 20:38 | | Comments(2)

ぼくらの根幹をながれているありがとうのエネルギー

昨日はお休みだったので
ぼんやりニュースを見ていたら、
節約特集のようなものをやっていた。
節約といってもお金を使わないで、
「月1万円台の食費」とかそんなやつだ。
こうした番組をみると
それがお金の節約になっても、
なんだかトータルの節約にはなっていないように
想えることがある。

安いというだけで受け入れた食品などは
ほんとうに自分のからだにあっているのか?
そんなことを考えると、お金では換算できないものまで
失ってしまっているようにも感じることがある。
まあ、「安い」という感覚は主婦の味方だったわけだが、
今もそうだと想うが、無意識でそれを判断基準にしていないか
見つめ直す必要がある気がする。
お金に縛られ過ぎてはいないか、
考える事もまた必要なのかも。

物を自分のところに受け入れるときは
その物との交流があるから
お金も時に大事なエネルギーの一つだけど、
それは無意識に判断をくだしてしまうほどの
主役ではない。

ぼくはただで
無農薬の野菜をいただくことがあるが、
おそらくこれは節約というものには
つながらない。
これは発振受信力なんですよね。
あらゆるありがとうのエネルギーの交流があって
ぼくのところにやってきたわけです。
だからありがとうのエネルギーをぼくは
自然と流してしまうわけです。

自然食の店に行って、その野菜を
お金を基準にして判断すると、
高価なものになるかもしれないけど、
それがぼくの意志に合うならその野菜を
買うと想います。

あらゆるものにはありがとうのエネルギーが働いているから
基本、なんであろうと、うけいれることを決めたら
感謝してしまう。そこはぼくにとって大事だ。
たとえ安くても高くても、それが
判断のサポートにはなるかもしれないけど、
ぼくには
直感が大切です。
だから、「安い」のが
いけないってわけでもないんです。

受け入れる時も
こころがあたたかくなるような
自分の意志に合うものを選んでいる。
それがきっと「ほんもの」なのかもしれない。

昨今、断捨離ブームだけど、
これは意外と
ものを受け入れる時にも根幹は同じだと想う。
直感で、ありがとうのエネルギーをゆるして
融合して、手放すように
流れているイメージ。

そんなことをぼんやり
想いながら未来のコミュニティーを
今、創造しているのかもしれません。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-15 15:27 | モノローグ | Comments(0)

こころからもとめられたものをあたえられている

3.11はいかがお過ごしでしたか?
ぼくはこの日、
あらためて意識の変化を感じました。
ひとつの大きな出来事が
すべての命の糧になっている、
そんな気持ちを抱えながら
仲間と過ごしました。
この日、僕が住んでいる地域では
とても星空が美しかったです。

さて、この数年、左足だけにできていた
水虫!?みたいなものが
なくなりました。
身体が整って来たと同時に、
自分自身の中心がしっかり
創られた感じがします。
最近、色んな方の話から
平常心でいることの必要をききます。
ただ、個人的に平常心でなくても良いと想います。
揺れる想いを体験して糧にしていることもあります。
色々な経験をとおして成長していることを
ハートに流れる本質の波動にチューニングして
観じんている自分があります。
すべての現象が本質的に追い風のようです。


* * *

呼吸というのは
駆け足したり、
考え事したすると
変化しますよね?

日常、そのようなことを
意識しているひとはあまりいません。
ただ、穏やかに深い呼吸で
日常のほとんどを過ごすことができたら
かなり穏やかになりますし、
「穏やか」という枠が無限に広がっています。
つまり、自然とひとつであることを
体感しはじめているのです。

だから、気がついた時に
呼吸を意識してみるといいと想います。
常に穏やかであれば、
常にギフトを受け取っていることを
意識できるでしょう。
そうでなければ、
ギフトがすでに与えられている事を
まさに体感している最中です。

* * *

このいまに
愛している
という動詞は常に形を変えて
働いている

すべての命が
この動詞の主語であることを
意識して、体感しつづけることが
私たちの使命です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2012-03-13 19:41 | | Comments(0)