ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

どんなことがあろうと穏やかな種は常にぼくらそのもの。

昨日は車の運転中に不意に
眠くなって仕方ありませんでした。
妻と子供を乗せていたので、
しっかり運転はさせていただきましたが、
到着地につくなり、仮眠をとらせて頂きました。
ここ最近、太陽の活動も活発になってきているので、
まあ、こんなこともあるだろうと(笑)

そして、いろいろなことも起こるかもしれませんが、
起こしているのが、全体意識(ぼくらも含む)が
原因で、判断することはまったくの無意味になります。

どんなことがあろうと
穏やかな種はいつもあります。

その種はぼくらそのものであり、
種がひらいた芽の状態も日常あふれています。
そして葉をだしエナジーを吸収し放出する日常もあります。
そして花をひらかせ香りであたりを目覚めさせ
実をつけあじわう日常があります。
どれも今、ここにあるぼくらそのものです。

この安心感がバックグラウンドだとおもったら
本質であり、ぼくらでした。

明日は早朝に新月を迎えますね。
常に穏やかである存在は私。
すべて。
体中にためた日常のちりちりを
深く吐けば、自然と新しい空気が全身にはいってきます。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-30 17:33 | | Comments(0)

消えて、ある

ふっと、静まり返って
気がつくと、自分が振動しています。
みなさんもおそらく、そんな感じなのかなと想います。
光度が増しているというか、
どうしょうもなく穏やかになっています。

今までとても壊れやすいものに
よりかかっていたんだなと思います。

物質的なものはとても壊れやすく移ろいやすく
楽しかったし、辛かったし、苦しかったし、嬉しかった。
それは意味付けにすぎなかったんだね。

それは、ハートの奥で常にぼくを存在させている
存在の安心感からか、よりかかっても
すべてがゆるされていたし、
こうしている今もゆるされている。

今ままで造ってきた不安の残部がちりちり
表にでては消え、それは
元から花であったことに気づいたりします。


今、破壊にフォーカスしているなら
創造がなされていることは忘れなきように。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-28 12:13 | | Comments(0)

実在を歌え!

不在だから求めるのと、
その存在があるから求めるのとでは
わけが違うなと感じます。

不在で求めるとき
「ない」というちからが常に働いている気がします。
その不在が満たされたとしても
何かを求める作業は止まない気がします。
「ない」という動きの中でループする感じです。

3次元的にみると常に時間を意識するがために
こんなことを書いてしまうのですが(笑)

つまり、「ある」ということへの探究は
この今に実を結んでいるのが自然なので
むしろないものを手にするというより
自らをひろげるための創造のような気がします。
「求める」ということ自体違う気がします。

蔓が日の当る場所へ伸びていくように
ごく自然にここにひらく花が常にあるんですね。

ぼくらはいかにひらくかを楽しんでいるんですね。


* * *

最近、
ぼくは決して、「穏やかな地球でない」ところから
求めたリするのはしなくなりました。

穏やかであるぼくとみんなと、地球に
共通してある「穏やかな今」から
光の芽をだしています。

もう「自分だけどうこう」ということは夢のように
虚ろだったんだなと感じています。

* * *

今、自らがこの存在、大いなる実在であることを
あらわしている。
みんなみんな。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-26 17:48 | | Comments(0)

自立とエネルギーの螺線の循環はほぼ同義

あることに気づくと、
今まで全然わかっていなかったと思うんですが、

今、気づいてしまうということは、
分かっていたことになる。
ってなことを、今日は感じています。

わかっていなかったことに
くよくよする方がいるんだけども、
もういいじゃんと思う。
わかっていないという執着ってあるんですね(笑)
それは「知ろう」とする執着も同じかもしれないです。
所詮、現状の頭で把握できることは微々たるものです。
ある意味ぜんぶ隔てなく分かっている。
分かっているというより、
智慧自身、これ自身であるということに
気づくかということなんだなと思います。

* * *

さて、昨日は、
「自立、独立している」ということは
どういうことかに気づきました。
これ意外と、頭で考えているよりも、
素晴らしいことなんですね!
って、なんか変ですね(笑)
こんな当たり前のこと!って、おもわれるかもしれません。

何かの反発の上には独立、
自立というのはあり得ないですね。
所属からの離脱でもないんです。
所属がない状態なのかもしれません。

元から「自立、独立している」ですね。

反発と依存はエネルギーの方向がちがうだけで
同じエネルギーの質な気がします。
これは、緩慢なエネルギーで、
ループして、停滞、沈滞しているように
感じられるようです。

自立というのはつながっている
大いなるものへのフィードバックがあるわけです。
感謝とか喜びのエネルギーがそうですよね。

目に見えるわかりやすい形でいうと、植物。

植物は土から生えいでて、
空気や水、太陽、天体、
あらゆるつながりを表現して
土に戻ります。
消えていくのではなく
豊かな命を独立した「個」として
あらわし続けているでのす。

人もかわりがありません。

そんなことを
どうやって感じたかというと
自分のハートがやけに荒れているなと気づいたからです。
エネルギーが放出されないでぐるぐる回っていたんですね。
そんな時はある意味、大きなチャンスなのかもしれません(笑)
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-24 15:55 | | Comments(0)

創造している力は私、みなさん、いのち、すべて

引き寄せられるのか
引き寄せるのか

偶然の出会いを
必然な引き寄せというかもしれないが、

むしろ、創造。
大いなる意志が、光の粒子をあつめ
目に見えるかたち、
目に見えぬかたちを創造している。

創造している力は私、みなさん、いのち、すべて。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-22 03:36 | | Comments(0)

ここに存在している意志、すべてが今

自然であることは
能動でも受動でもない状態。
しいていいえば、能動しかない。

* * *

こどもを幼稚園や学校に預けるとき
親はこどもが与えられる影響をかんがえるが、
こどもがその環境に与える影響を考える人はすくない。

一方的に受け身で考える習慣が、
存在そのもの尊厳、
存在だけですでに与えている能動的状態、
自然な状態を
忘れさせている。

* * *

よく言われることだが、
ハグや握手は
「結果」として
どちらが能動的か受動的かという関係性が
消滅してしまう行動だ。

意外と、忘れてしまいがちだが、
常に、ぼくらはこの状態である。

* * *

ピッチャーは
投げているのか、
投げさせられているのか。

そこにピッチャーが存在しないと
バッターは存在できない。
逆も同じ。

* * *

ここに存在している意志、
すべてが今、
自ずと働いている。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-22 01:55 | | Comments(0)

火と水の融解

女子ワールドカップ
素晴らしかったですね!
もちろん、日本代表も。

戦うという域を超えて、お互いの心の智慧、
身体の智慧をお互いが引き出しあう大会で、
なにより女性性による純粋なエナジーを感じました。
たぶん、時代を象徴している大会だったのかもしれませんね。

ここにいることが、
ここにいることにある動きのなかに集中してしまうと、
あらゆる状況をしなやかに超えてしまう

そんなことを教えてくれた気がします。


* * *

いつもおもうのですが
目に見えるものがメッセージだなと
ほんとうに最近感じます。
すでに、
輝きあう、照らしあう時代になっています。

みなさんもかんじているかもしれませんが、
今回、台風がゆっくりとやってきていますが
これも必然なうごきです。

火と水の融解。
そんな歌がながれています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-19 11:00 | モノローグ | Comments(0)

花がひらいたのではなく、今、空がひらいている

花がひらいたのではなく
今、空がひらいている

時間もない。

この戸口で
光の根をひろげた
宇宙の樹
の閑かさ
がぼくをかたちづくり

ぼくは
ここで
自分をうたう

ここに

自分はいない

常に、空はひらいている
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-17 13:09 | | Comments(0)

今は芽をだし葉をつけ、花をさかし、実をつけている。

昨日の満ちた後の月の周辺にきらきら輝くものがあり
なんか、いつでも祝福されていたんだな~と
思いました。

家のご近所さんの木蓮が2度咲きしていました。
木蓮の2度咲きは珍しいことではないみたいです。

a0130200_1546485.jpg


古代から姿をほぼ変えていないといわれるモクレンは
通常ですと、3月の葉のない木から
異次元からやってくるように空を割いて花を咲かせます。

2度咲かせたご近所さんのモクレンは、3月に咲いているのを実際みていたので、
葉の茂る間から花が咲いいてたのは驚きでした。

また、ご近所2軒のモクレンが咲いていたので、
偶然というよりは、必然のメッセージのようにも思えました。

個性との邂逅というより全体性の提示として響いてきました。

2度咲きは地震の予兆といったりするみたいですが、
それよりも、時間のゆらぎのようのなものを感じます。

智慧の開花には時系列の枠を
垂直にジャンプするように
時系列で過ごしていると見えます。
ただ智慧の開花は常に
永遠の泉からの光をさしています。

今までの時系列のなかでは
その智慧の開花には
ラグや変更、訂正があり、
智慧が「可能性」のまま眠ることもあったような気がします。

時間の枠のゆらぎで、
「進化」が今に創造されていることを
体験、体感できるかもしれません!

なんてね(笑)
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-16 15:14 | モノローグ | Comments(0)

受け入れているこのエナジーを循環させている

おおくのひとはは当たり前のように空気を吸っては吐いていますが
丁寧に、吐いて吸ってをくりかえすだけでも
目に見えないつながりと、
分離して生きていない自分に気づくことがあるかもしれません。

ある人は、目に見えないものを見ようとし
聞こえない声をうけとろうとしていますが、
以外に目に見えているものが見えず、聞こえるものを
聞いていないことがあります。

目に見えようが見えまいが、
目いっぱい恩寵をすでに受けております。
そして、つながっているので
自分自身の存在もとても大事になっているです。

自然と宇宙が喜ぶような生き方を考えたことがありますか?


ぼくらの行動が、自然の動植物、空気、鉱物、
素粒子の調和度を変えてしまいます。

だから、
より素晴らしい調和に向けて今、輪を描いているんです。
どんな地点にいようが、
今はすでに調和にあって、その過程をあじわっています。


* * *

今日は、16時ごろ満月ですね。
ぼくは職場に早めにきて、少し寝ました(笑)
この数日、エナジーがみちみちています。

呼吸を深めると、ふだんうけとっているのに
気づかなかった花の色や
空気のやわらかさ、やさしさ、
山並みの見守りに気づきます。

穏やかな時間をつくると
見ないふりをしていことが
見えてきます。

あなたもふくめたぼくらは
自分とそのつながりをますます大切にしています。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2011-07-15 12:21 | | Comments(0)