ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サブテラニアン

先々週から地震がよくありましたが、
ここにきて、すっかり落ち着いたようですね。

ちょうどそのときから、
アガルタ シャンバラという
以前どこかで読んだことのある
ことばが浮かびました。
それは地底都市のなまえ。
シャンバラはシャンバリアとかシャンバリルというような響きで
思い浮かびました。
すっかり、そのことばがなんなのか忘れていましたが、
地底都市の名前であることは思い出せました。
地底人というとぼくらのイメージはグロテスクなものを
思い浮かべてしまうけれども、
今回感じたのは光のような存在。
光のかたちをした意識のようにも思えます。

あまりにもそばにいて気づかなかった恩寵のサポート。
上にばかりでなく下からも
外からだけでなく内からも
サポートがあり続け、決定があり続ける。
それは私自身。
私自身から羽化をうながす合図なのかな。

すでに存在している意識のなかの天国を
あらわすにはきみの協力が必要で、
すでに、すこしづつ協力していただいているんだな。
と思う日々です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-26 14:38 | 天使 | Comments(0)

私を創造するシーン

小さな頃、父親と風呂にはいると、父親の髭反りをぼんやり観ていた。
ぼくにはない髭を剃る父親。
鏡のくもりを時計回りにくるくるふきながら、かすかにできたまあるい見通しの良い部分でリズミカルにそるのだ。
当時の剃刀はまだT字型のものはなく、床屋で使われる剃刀でそるため、時に流血。
なぜ血をながしてまでも髭を剃るのか不思議だった。

そんなぼくも人の子の親になって、もうすぐ一歳になる息子とお風呂にはいる。
やはり、髭をそるとおもしろそうに見つめる息子がいる。


そんな不思議でもないおだやかな日常。
ぼくらは信じられないぐらい宇宙に調和をもたらしている。
こんな
大げさでもない
地底人も宇宙人も
あらわれない
宇宙が私な夜。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-25 22:39 | うた | Comments(0)

アマテラス

太陽はぼくらを照らしだしている。

この五感で感じる客観的作業で
ぼくらが感謝を覚えた。

ぼくはすでに内在しているものを
外で眺めてきた。

ただ、本来はぼくらすべても照らしている。

太陽と同じ。

私、分かれいるのではなく、つながって変容して創造している


たとえるなら
野原があり
ぼくは
その野原からのびた一本の木。
たとえるなら
ぼくは
流れ、しみこむ水。
たとえるなら
ぼくは
うねりそこにある山。


私は私から発する光をしった。

光、それは即創造している。


無限につながり
無限に広がっている



あらゆる私は私からはなれることはない
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-23 20:14 | うた | Comments(0)

光、そなわっている私

今、
あることを
大切におもい
ないものを
素晴らしく創造する。
そんな日々です。


今朝、地震がありましたね。
地震あるまえに、
寝ている間におこった小さな地震の夢をみました。
この地震は後でおおきな揺れの地震なるなという夢でしたが、
そのあとに大きなゆれを現実に感じることとなりました。
身体は意外と無意識のうちに知っていることがあります。
鳥などが地震の前に姿をけすことがあるときいたことがあります。
それに似ているのかもしれませんね。

地球意識は変わろうとしています。
小さな地震はちょくちょくこれからもあると思います。
ただ大きな地震にならないようにしている意識がある気がします。
おおきな変革にはガス抜きもあるでしょうし、
色々起こるとおもいますが、
私たちも地球と意識を重ね合わせ
穏やかで不安のない、調和のとれた意識にすることが大事です。
私にはなす術もないと思わず、
私とすべては調和になっている。
そう想うことがすべて。

きょうも
とても素晴らしい天気です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-18 14:43 | | Comments(0)

明想

ぼくは瞑想というものがなかなか苦手で
できないとばかり思っていましたが、
意外とできていたと最近感じるようになっています。

スポーツ選手が体験するゾーンを
体感したことがある方は多いと思います。
たった数十秒の間に色々自我で考えているのですが
あるとき、透明な領域に達する感じ。
なっているようになる感じで、
実際なってしまう。
無になるという言い方をする人もいますよね。

ぼくは、俳句をつくりに散歩をしている最中、
様々なことを考えるのですが
しばらくすると
透明な状態になっている。
俳句を作ろうとして
散歩に出たことを忘れてしまう瞬間。
そんなときに一句できてしまうのですが、
できたものよりその瞬間がとてもすばらしく
次の歩みへとかりたてます。

そんな明想(眼が開いているから、瞑想じゃないしね)状態に
日常誰でもなることができるようでうす。

昨日は久しぶりに3食、食事をつくりました。
食事を作るとき、ぼくは明想状態に入りやすいです。
気がつくと、食事のしたごしらえができていたりします。
そこで食べるごはんは格別で、家族も喜んでくれます。

喜びの発振はこうした状態からうみだされるのかもしれません。

常に、明想状態でいる。
さまざまな人がそれを体感している。
そんな日がもう来ているのかもしれません。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-14 18:09 | Comments(0)

i, filled with ligth

新型インフルエンザの話をいろんなことをいろんなことをきく。
親戚から友人までかかっている。
対処ほうから陰謀説!?までいろいろ聞く。
今までふれることもなかったけど
きょうは少し触れようかなと思った。

不安や、その存在をみとめたり
「こころや、からだの調和度が低くなるとインフルエンザにかかる」
とぼくは思っていたので、
当初、ぼくはフォーカスしないようにしていた。
(でも、この考え方には自分のことだけしか考えずにいて、
フォーカスしなようにするというのもインフルエンザを認めてしまっていたんだけどね)

ただ、最近、少しかわってきた。
友達や親戚の子供がインフルエンザになって
それが終わって、元気になる姿を見ると
何かこの現象が不安をつくりだすものではなく
大きなメッセージだったり、
意識が大きくステップするお知らせのような気がしてきた。

天使で地球は満ちている

不安や恐怖に執着するのは己自身だが、
それをのみこみ消してしまうぐらい
あらゆる意識は確実に、
そこを冷静に見て、今ある健康、豊かさに目を向けている。

私たちは気がつかない間に成長している。

それは愛の光の特性。
愛は消えることがない。
だから、今までさんざんしてきた、
この発進を抑えるようなこともない。
さらに成長しよう。

意識して、

全方向に
目を
ひらき
羽を
ひらき
この今に
素晴らしい私と手をむすんでいる。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-09 18:05 | 天使 | Comments(0)

喜び、感謝してしまうこと

レゾナンスセラピーに行く
だいぶ前に
「敵はいないよ、
自分にふりかかることに感謝しなさいよ」
といわれ、
頭の中で理解して、
そうなんだと思っても
しっくりこなかったんだけど、
最近、この理由がだんだんわかってきた。

ぼくは最近まで、出来事をニュートラルに冷静に見ようとしていた。
ただ、目の前で起こることは冷静にプラスマイナスで判断していたのだ!


愛の目でみると
すべてが感謝。

そして
その状態で私は最初からいることを忘れていたみたい。
愛の目でみる感覚を思い出している最中だったわけだ。

愛の目は映すことでなく
照らしてだすこと。
天を美しく照らす目
ふりかかるように思えることもなくなってしまう目なのだ。
愛照らす愛
私たち誰もにこの目がある。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-06 23:16 | 天使 | Comments(0)

祝祭

手ばなしてみる
ぐーの手を
ぱーの手に

祝祭

花がかたくつぼみをとじていても
ひらくときに
手にする

手にすることは
手放すこと

喜びを大気に
放して
さらなる
喜びの
実をつけている
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-06 21:24 | うた | Comments(0)

I, alL yOu haVE

12月にはいって仕事が忙しくなってきました。
嬉しいことです。
そんななかでは眼に見えぬギフトが
眼に見えて宇宙から送られてきています。

最近、はっきり感じるようになったのが、
all or nothingや善悪の判断といった2元論は
手をつなげないままでいる手がたくさん増えてしまうということ。

たとえば、Aさんを悪いひとだと決めつけてしまうと、
Aさんの素晴らしい考えや意思にふれぬまま
Aさんとの出会いの意義をその場で失ってしまうことになりうる。
Aさんによって生まれるはずだったり、学びきるはずだったことが
消化されぬまま、宙ぶらりん。
出会うはずだった私を先に延期することになりますし、
今という瞬間はもどってこない。

一見、損得勘定で、Aさんを判断したとしても、
宇宙的な視野で、Aさんをみると
調和、そして発展的私が、うまれる決定的な瞬間だったりする。

これは喩えですが、
実際に起きる現象をながめてみると
あらっと思うことが多い。
あらゆるものは愛。
愛の眼でみるとあらゆるものが素晴らしい。
ちゃんと理解してあらわしている人も多くなっています。

ぼくがそうだったのですが、
自分の個性を必要以上にあらわしたいがあまり、
無意識に、ダメだしが多い時期がありました。
ダメだしが多い方は、ダメをひとつでもみとめてみると
今まで見たことのないひろがりがみえてくるかもしれません。

現に、まずぼくは自分のダメを解いて
まったく違う見方ができるようになりました。
けっこうシンプルな仕組み。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-04 11:24 | | Comments(0)

おのずから生まれで来てたんだ。

ほくは最近当たり前のことを
言っている。

私は光である。
私は豊かである。
私は愛である。

前のぼくであれば、
何か対応することに対して
その言葉をはっしていたとおもう。

今は違う。
昨日ふと気づいた。
ぼくは単に喜びを発振しているだけなんだ

私をあらわしている
[PR]
by sanshiro-1973 | 2009-12-01 12:33 | うた | Comments(0)