ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

カテゴリ:光( 498 )

うちなる光とそとなる光が共鳴している

先日の新月、そして、立春を迎えて
日の光がとても美しいです。
そして、何もしていないのに
嬉しくなってしまうようなあたたかさ。

まさに銀河の新年です。


ここ数日想う事が、
みなさん、本当の自分に氣付き始めているなぁと
いうこと。
そして、さらけだしているなぁと(笑

ただ、「さらけだせ!」とか「さらけだす」ことに
フォーカスしている人もいて、それはぎこちない気もします。

マイナスを意図的にさらけだすことや
あるがままといいつつ
わがままになることが
さらけだすことと勘違いしているひともちらほら。

全体とつながっている自分が欠落していては
いくらさらけだしてもわがままだったり、
排泄とそんなにかわらなかったり。

さらだけだすなら、
喜びと自然に敏感になり、
自分の素晴らしいところ、
美しいところをさらけだすことが大事です。
それは隠している事、マイナスをさらけだす事より
優先にすることだったり。


a0130200_17204924.jpg




自分の美しいところに氣づくこと。
さらけださずとも
あふれてしまうこと。
それが隠さずともよい自分です。

[PR]
by sanshiro-1973 | 2017-02-08 17:18 | | Comments(0)

ただあることのおくゆき

昨日の満月も美しかったですね。

そして、今日の日の光。
朝は頑固な私を解いてくれました(笑)

何のために生きるかを問うたと時、
コアにあるのが自分のためですよね。

この「自分のため」というのには、
単に、「自分さえよければ」ということでもなく、
「ただあることのおくゆき」があります。

私は、100年後の地球とこどたちとのために働く
と言う想いが、ぼくの日常にあると信じていましたが、

それはまったくないとはいえないものの、
コアになるものは
すべて「今ある自分のため」に生きているんだと
ボーっとしている時、氣づきました。

あたりまえじゃん!と想いますよね(笑)
でも、頭で思うのと、
氣づくのはまた別なことです。


 * * *

すでに与えられている領域で
いかに生きるか、
いかに佇むのか、

そして、何度も問いかける、


どこまでが自分なのか?



この「どこまでが」の領域に氣づき、
この「どこまでも」を観じられ、
生きていることによって、
「すべてが自分のため」になっていることを知る。


そんなふうに
今朝がたの日の光をあびて
想うのでした。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-12-15 12:57 | | Comments(0)

おだやかな本日

私の住むところでは
窓を打つほどの夜明け前に強い雨がふり
今も音もなくあめが降り落ちていますが、
穏やかですね。

瞑想ているときと瞑想していないときの狭間が
うすいヴェールのようで
あまりしきられていません。

今週は来週のスーパームーンにむけて
瞑想するにはうってつけな日です。

もしよければ、本日も5分でも3分でも
自分の呼吸に意識をするだけでもいいので
瞑想してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-11-11 09:47 | | Comments(0)

うちかみさま、直感

どんな教えも完ぺきではありません。
というのも、
すべてはそれを受け取る側の
行動と創造が要であるからです。

例えば、
五行の養生を勉強して知識があっても
不養生な方はいくらでもいます。

ある教えを盲信して我を忘れ
自分で立ち、発創することを忘れる人もいます。

ただ、忘れてはいけないのは
私自身
あなた自身である内神さまは
かならずあなたのハートにやどっていること。

なにか事があれば、
こころの泉に日々の石を投げ込まず、
心落ち着かせ
内観してみると
うちかみさまが
きっといろいろなかたちで
こたえてくれます。

そのこたえはあなた自身の
創造の芽です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-11-07 09:39 | | Comments(0)

雑感、、

先日の鳥取の地震もそうですが、
この1ヵ月は体調、身の回りに
氣を配った方がいいかもしれません。

地震だけでなく、
身体の調子で観じている方も多いと想います。

個人的には、おととい身体が久々に重くなり
就寝を19時台にしてしまいました(笑)。

変革期、いろいろ観えることもあります。
そして、才能もよく開花します。
パワフルなあまり、人に強いていないかを
氣をつけてください。

もちろん嘘もよく見えます。
人によっては
普段、あまり信じていなかった直観を
たよりにしてください。

メディアの情報をみる時は
その奥行きまでみてください。

土用にはいっていることもありますが、
季節の変わり目、
くれぐれもご自愛ください。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-10-27 10:32 | | Comments(0)

意識の重力圏外

やりたいように
やりたくても
なかなかできない自分がいるとき、

それをやりたくない自分がいないか
観察してみることが大事です。

不思議な事にやりたいことをする自分のなかにも
やりたくないとブレーキをかける自分がいたりします。

それは「おそれ」だったり、
「過去」にしばられたりしていたり、
様々です。

しかし、
いくらできない条件、やりたくない理由を
外せといってもなかなかできませんよね。

そんなときは
一回、宇宙へ視点をずらして見る。
宇宙へ飛んでしまうのです。
そして、
できている自分、している自分を
想い描いてみる。
そうしたことがとても大事になります。

発振をする時には重力から解放される必要があります。
恩寵がふりそそぐのを待つ前に、
重力圏外恩寵に意識をどっぷりつかってみること。

よく想いっきり踏み切ってみる、
と言った時に、
みる瞬発力は無重力です。

何も考えないでそれができるひとは
それはそれでいいでしょう(笑)
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-10-14 17:01 | | Comments(0)

癒され満ち足りたら

昨日は新月。
9月を迎えましたね。

この9月に入るまでにインナーチャイルドの想いを
受け入れたり、そこからまたバトンを受け取ったりしていた方も
多いのではないでしょうか。

 * * *
よくぼくは言うのですが、
スピリチュアルなことは特別ではなく
ぼくらすべてがスピリチュアルな生命体です。

「スピリチャル」というとオカルト扱いにされますが、
しかたありません(笑)
もともと全ての人がオカルトなのだから!?
自分の生きている世界は必ずしも
他の人の生きている世界とおなじとは限りません。
「私の常識」は「ひとの非常識」であることがありますよね(笑)
なので、自分がオカルトでない事に氣付いていないことが
さらなる分離を深めます。

一方で、
よくいわれる「スピリチュアル」な方々も
特別扱いと特別意識で分離してしまうこともあります。
違いはあるが特別ではないといえば良いでしょうか。
これを話すと問答になります(笑)

ぼくはスピリットということばはとても好きです。

ただ、特別意識にしてしまいがちな
「スピリチュアル」ということばは発展途上な波動を感じます。
認めていない波動。

別にそれはそれで良いんだと想います。
どこの意識で生きているのか?
そんなことを感じる日々を送っています。


* * *

引き寄せの法則は小さな意味での自己充足にすぎません。
これもまた、色々なひとの役にはたちましたが、
もっと枠をこえた「自己」を観じとります。

「自分がどこまでは自分なのか?」を
観じとっているのです。
「受け入れている」という意識もここには入るでしょう。

自らの振動が蓋い大いなる私をも揺らしている。

これは共同創造です。
すでにあるものが振動する
共鳴、共振です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-09-02 11:07 | | Comments(0)

チャレンジ

今日は満月。

お盆休みもおわり
身体も秋へと変化をしつつある今日この頃です。

私もそうですが、私の周辺でもこの数カ月、
インナーチャイルドと向き合う方も多く、
何かしらそういう星めぐりにになっているのかと思います。

 * * *

私は小さい頃、自分自身の偏見で
ものごとをあきらめてしまう癖があり、
酸っぱい葡萄よろしく、
自分のまわりに一見心地よいものだけ
手繰り寄せることが多くなりました。

ただ、
「くだらない」もの、「稚拙もの」、
「わるいもの」という考えで拒絶してきたものを
一旦、観じてみて、
それが私にとって、世界にとって、
宇宙にとって、いかに存在しているのかを
受け入れることを最近しています。

ときにはそれがチャレンジになることも。

* * *

これは世の中にとってアク影響だなぁって思う事でも
しばしニュートラルにその存在を観じることで
違った側面や、陰に隠れた光を見出せることもあります。

* * *

私自身の進化は私の慣れしたしんだ思考を
やぶることからはじまります。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-08-18 14:51 | | Comments(0)

からだをだいじにすること

地球、
調和のとれた魂
調和のとれたこころ
調和のとれたからだ

これら三つはシンクロして
私自身が私を
宇宙を
ただいま創造している。

* * *

もし肉体 (ことだま的には
「からだ」のほうが広範囲を網羅するので、
的確か、) をないがしろにするものは
不調和になりがち、

こころを自立せず囚われてしまう事も
不調和になりがち、

魂を観じようとしないのも
不調和になりがち、

この過程を無明を経て調和にいたる。


* * *

振り幅をより細かく
精妙に。


 * * *



特に現代人、
からだを大事にしよう。


そして、

どこまでがからだか?

ふくがすっぽりおさまる
この肉体まではからだなのか?

あなたが食すものまでがからだなのか?

あなたをみまもる植物までがからだなのか?

この空氣、自然、宇宙までがからだなのか?


意識しよう。


こころもこれに準じて、

できれば
魂も、

意識してみよう。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-07-03 06:39 | | Comments(0)

大調和

昨日はひとくぎりの
半夏生でしたが、
今朝はやや哲学的な内省がつぎつぎに
起こっています(笑)
書きとめられないぐらい。

* * *

不調和のもとになるものは色々ありますが、
そのまま抱えていると
自ら内部崩壊を起こしてゆきます。

それを「腐敗」ともいったりますね。
この「腐敗」は個人の目からすると
耐えがたいものです。

宇宙、自然は絶えず調和にいたる運行を重ねています。
一見おかしなハプニングがおころうとも
それは調和に至るための過程であり
内部でつくったしこりを
うきぼりにする作用であったりします。

宇宙はすでにゆるしています。

ゆるせなくなることがあるなら
うちがわにつくった不調和にたいして
自らの神性が調和に至る動き、輝きをみせ、
ゆるせない自分が内部崩壊をおかすのです。

これを腐敗からの「発酵」といえるかもしれません。
発光現象ですね。

 * * *

「常にゆるしている。
常にゆるされている。」

調和の過程では
みえなくなることあります。

そんな時はわたしをつなぐ空氣を
すいこみ
この愛されている自分からあふれでている
愛を観じてみましょう。


* * *


食べ物や日常品でも不調和なものを使い続けていると
自らのからだのなかの神性がかがやきだし
からだが整調作用をおこします。
それを「病気」だと決めつけてしまう事があります。
その不調和なもの、不調和な行いを
調和の軌道にものす力が
私たちにはあります。

そして、この「ひとりでに癒える」作用は
「わたしひとり」だけの力でいえるのでなく
他者とおもっている「わたし」とつながる
「大いなるわたし」自然が引き起こしている
作用なのです。


 * * *

いろいろな腐敗はいずれ
神性により発酵してゆきます。

例えば、悪政もそうで、
それぞれの(もちろん悪政を行うものも含む)
うちなる神性が輝き、
あるものは腐敗してあるものは発酵させ
次の運行を司ります。

悪政をおこなったものもわたし、
調和にいたる動きをしているのもわたし
です。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-07-02 10:29 | | Comments(0)