ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

ただあることのおくゆき

昨日の満月も美しかったですね。

そして、今日の日の光。
朝は頑固な私を解いてくれました(笑)

何のために生きるかを問うたと時、
コアにあるのが自分のためですよね。

この「自分のため」というのには、
単に、「自分さえよければ」ということでもなく、
「ただあることのおくゆき」があります。

私は、100年後の地球とこどたちとのために働く
と言う想いが、ぼくの日常にあると信じていましたが、

それはまったくないとはいえないものの、
コアになるものは
すべて「今ある自分のため」に生きているんだと
ボーっとしている時、氣づきました。

あたりまえじゃん!と想いますよね(笑)
でも、頭で思うのと、
氣づくのはまた別なことです。


 * * *

すでに与えられている領域で
いかに生きるか、
いかに佇むのか、

そして、何度も問いかける、


どこまでが自分なのか?



この「どこまでが」の領域に氣づき、
この「どこまでも」を観じられ、
生きていることによって、
「すべてが自分のため」になっていることを知る。


そんなふうに
今朝がたの日の光をあびて
想うのでした。
[PR]
by sanshiro-1973 | 2016-12-15 12:57 | | Comments(0)
<< うちなる光とそとなる光が共鳴している ここ数日 >>