ブログトップ

humming planet

san6.exblog.jp

迎い入れるために

何かをやめたくてやめられなかったり
やめようと決めてやめられたのだけど
リバウンドしてしまったりする
こうした、
なかなか手放せない仕組みが
意識的によくわかってきた。

多くは自分でその状況を味わっていないこと。
なんでやめたいのかさえ見つめていないこと多い。

人から「やめなさい」と言われた場合は特に。
強制的にやめる力が少しでも入ると
それだけでかなりのエネルギーがいる。

なぜ「やめるのか」を観じてみる。
すると、やめてしまうものなら
自然とはがれるように去ってくれる。

子育てをしているとここがよく見えてくる。
ぼくの小さな時の子育ては
とにかく「ダメ、やめなさい」でやめといて
後で「気づく」というパターンが多かったけど
最近の子供は、ほんとうに自分でまずいなとおもうことは
その場で気づいていくきがする。

導かせていただくものは
その導かれるものの意志を
大事にしているんだよね
これは確実。

* * *

只今、
目の前に、変わってもいいものばかりを
目にしていますが、
人によってそう想うかは、千差万別。
しがみついている人もいるからね。

みんなが
そっと手放してしまえるように
一人ひとりが観じて味わって
「もう満腹!」っていうものをさらっと
感謝とともに手放しています。
そうした方がどんどんふえると
大きな潮流がうまれて、
しがみついていたひとも
あっさりと手放すことになる。

ちなみに、手放すことは
新鮮なエナジーを迎え入れるということです。



* * *

わたしはあらゆるエナジーを
広葉樹が秋にその葉を落とすように
ありがたくも
手放してしまいます。

そして、
あらたなる命を迎えれる
命の寝床になり
部屋となります。



* * *
[PR]
by sanshiro-1973 | 2013-09-13 10:32 | | Comments(0)
<< 太陽の解き 与えられているしあわせ、与えさ... >>